大みそかに年越しそばを食べる理由とは【12月31日の縁起物】

【年越しそばの意味】

今回は「そば」を12月31日の大みそかに食べる理由をご紹介したいと思いますので、料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

年越しそばを食べる理由

大みそかに食べる「年越しそば」は縁起物のひとつで、細長い形にあやかって「長寿」でいられますようにという願いが込められています。

また、家運をのばそうという理由で食べる地方もあり、どちらも人々の願いをそばに託した「縁起そば」としての意味をもっています。

【関連】

冬至(とうじ)とは

冬の料理用語関連【冬至(とうじ)とは】1年を通して日照時間が最も短い日のことです。そして、この日には保存したかぼちゃ(冬至かぼちゃ)や小豆がゆ、小豆だんごを食べたり、ゆずを浮かべた湯(ゆず風呂)に入って「無病息災」を祈る風習があります。この風習から12月の献立や冬至の料理には、かぼちゃ、ゆずが多く使われます。【関連】≫献立別の料理用語集まとめ【語源、意味、由来一覧】

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧】

冬の料理関連を見る

今回は鍋物を作るときの煮汁をまとめましたので、冬の献立や鍋料理の参考にされてはいかがでしょうか。煮汁の割合、割り下の配合【鍋物の煮汁】調味料割合一覧■各割合に移動いたします。

冬の食材50音順一覧表へ

【おせちと正月の料理用語】

正月料理「一の重」~「与の重」今回は、おせち料理を作るときに、ぞれぞれの重箱に入れる料理の種類と主な順番をご紹介したいと思いますので、節句料理の献立や和食調理にお役立てください。
鏡餅「かがみもち」とは、正月になると神仏に供える円くて平たいもちのことで、大小2~3個を重ねて、上にだいだいの実をのせます。そして、昆布、伊勢海老、串柿、ゆずり葉、うらじろなどで飾りつけをします。かがみもちの語源、由来
お正月「春の七草」漢字クイズ、今回の食材漢字クイズは春の七草を集めましたので、宴席や休憩時間、または学校の自由研究などに使われてはいかがでしょうか。
和食の語源、意味、由来【おせち料理の雑学、豆知識】今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。
和食の語源、意味、由来「おせち料理の雑学、豆知識」今回は、おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。
正月、おせち料理の雑学、豆知識~【ごぼうの薬効と下処理】今回は、おせち料理に牛蒡(ごぼう)を使う理由をご紹介したいと思いますので、1月の献立や和食調理、お正月の家族だんらんなどにお役立てください。
今回は春の七草についてご紹介したいと思いますので、冬の料理やおせちのあとの七草がゆにお役立てください。そして、料理に使うことは少ないのですが「秋の七草」と呼ばれる7つの植物も掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。
1/7に七草がゆを食べる【理由】今回は1月7日に春の七草を入れたおかゆを食べる風習と、その理由についてご紹介したいと思いますので、料理雑学や豆知識の参考にされてはいかがでしょうか。
1/15に小豆がゆを食べる理由とは「小豆がゆの由来」小豆がゆは1月15日の「小正月」を祝って食べられる料理で、別名を「15日がゆ」ともいい、元来は農耕神事としての習慣でした。そして、小豆がゆを炊くときに使う粥杖(かゆつえ)と呼ばれる棒で、その年の吉凶を占い、五穀豊穣と子孫繁栄を神に願うという意味が込められています。

おせち料理の食材がもつ

【~幸福への願いと意味8つ】

おせち料理に欠かせない

【~煮染め(にしめ)の語源と意味】

雑煮(ぞうに)の語源と意味

香梅煮(こうばいに)の意味

【参考】

正月とおせち料理の献立一覧へ

正月の煮物とおせち料理関連へ

祝い膳や正月料理の飾り切り一覧

今回は、料理の雑学と豆知識から年越しそばをご紹介いたしました。

正月の料理につきましては≫「正月料理の関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク