開き穴子の下処理方法とコツ【骨、ひれ、ぬめりの取り方手順】

穴子の下ごしらえ

今回は開いた穴子の下処理方法をご紹介したいと思いますので、煮物や揚げ物等の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

開き穴子の下処理方法【骨、ひれ、ぬめりの取り方手順】

頭を切り落とす工程

【1】最初に、穴子の身を上にしてまな板に置き、頭の付け根に残っている骨の下側に包丁を入れてください。

そして、身から浮かし取る要りょうで、えら付近まで切り進めてください。

開き穴子の下処理方法とコツ,頭を切り落とす工程

【2】次に、穴子を裏返して皮目を上に向け、ひれを持ち上げながら頭を切り落としてください。

背びれと腹びれを切り取る工程

穴子には背と腹に合計3か所のひれがついていますので、それぞれを包丁の刃先で切り落としてください。

開き穴子の下処理手順,ひれの場所三か所

「背びれを切り取る工程」

【3】元の形に戻した開き穴子の背びれを向こう側にしてまな板に置き、尾先に切り込みを入れてください。

開き穴子の下処理手順,背びれに切り込みを入れる工程

【4】このあと、切り込みを入れた背びれが左手前にくるように穴子を置きかえ、ひれのきわに尾のほうから刃先をあててください。

そして、滑り止めの塩をつけた左手でひれをつまんで、軽く引っ張りながら、包丁を頭に向けて引くように切り進んでください。

そうすると、背びれがだけが皮から切り離せます。

開き穴子の下処理方法,背びれを切り落とした写真

ひれが途中でちぎれた場合は、その場所に刃先をあてて少しずつ切り進めると問題なく取り除けます。

「腹びれを切り取る工程」

【5】穴子を再度開いて、背びれと同じ要りょうで切り落としてください。

↓↓↓

開き穴子の下処理方法,ひれを切り落とした写真

腹骨をすき取る工程

【6】腹の中程までの骨はかたいですから、包丁ですくい取るようにして切り落としてください。

開き穴子の下処理手順,腹骨をすき取る工程

■ 焼き物や揚げ物に使用する場合は、このあと皮目のぬめりを包丁でこそげ取り、煮物に使うときは次の工程に進んでください。

皮のむめりを取り除く工程

「熱湯をかける工程」

【7】まな板や抜き板などの平たくて穴子よりも大きいものに皮を上にして置き、さらし、またはキッチンペーパーかぶせてください。

穴子の下処理方法,皮に湯をかける前の工程

そして、尾が下にくるように板をかたむけ、頭側から熱湯をかけて素早く水に落としてください。

「ぬめりをこそげ取る工程」

【8】水けを切った穴子の皮を上にしてまな板に置き、包丁の峰やかまぼこ板を使ってぬめりをこそげ取ると下処理完了です。

開き穴子の下処理方法,包丁のみねでぬめりを取る工程

■ このあと、煮穴子や蒸し物などに使用してください。

穴子会席料理の献立を見る

穴子の湯引き,鱧見立て,夏から秋の刺身,酢の物の献立

【関連】

食材別の料理内容まとめ記事一覧 ■ 各項目に移動いたします。海老(えび)筍(たけのこ)茄子(なす)無花果(いちじく)柿(かき)秋刀魚(さんま)鮭(さけ)鰤(ぶり)牡蠣(かき)鮟鱇(あんこう)【関連】寿司、乾物、献立、飾り切り、料理用語、調味料割合、食材漢字クイズ

食材の下処理方法一覧

甲いかの下処理手順

かきの殻むき手順

季節別、旬の食材一覧を見る

今回は穴子の下処理手順をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「魚介料理の関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク