日本料理の献立内容【項目別一覧】

【日本料理の献立内容一覧】

今回は姉妹サイトでご紹介しております【料理の献立内容】を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

日本料理の献立集

料理内容【項目別一覧】

■ 各献立に移動いたします。

先付の献立一覧

料理の最初に出す、お通し、座付き、付き出しと同じ意味の言葉で、お酒とともに出す「酒の肴(さかな)」をいいます。そして、先付けは酒席の会席膳に出しますので、本膳料理や茶懐石料理の膳では使わない献立名です。

八寸の献立一覧

【八寸】はっすんとは、8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆のことをいい、この盆に盛りつけた料理も八寸と呼んでいます。茶懐石料理では一汁三菜から預け鉢や強肴(しいざかな)などの献立が続きます。そして、料理がひと段落したあとに亭主が酒の肴(さかな)として出す動物性と植物性の2~3品を八寸と呼んでおり、人数分を盛り込んで取り箸を添えた「取り回し」の形で出されます。
前菜「ぜんさい」とは中国料理や西洋料理の用語と同じ意味で使われる献立で、料理の初めに出す「つまみ物や酒の肴」のことです。そして、日本料理の会席膳では先付けのことをさす場合や、先付けのあとに出す数種類の酒菜盛りにつける献立名です。

吸物の献立一覧

先吸い(さきすい)とは、前菜のあとや向付けの前に出す椀物で、この椀で味加減や好みを把握しますので、次の献立につなげる役割があります。
止め椀とはご飯物と一緒に出す椀盛りのことで、先吸いをすまし汁仕立てにした場合は味噌仕立てや酒かす仕立てにするなど、汁の内容を違うものにして提供します。
箸洗い(はしあらい)とは、茶懐石料理で一汁三菜のあと、食事に使った箸の先を洗うという意味で出す吸い物のことで、小吸い物、湯吸い物、ひと口吸い物ともいいます。
小吸い物(こずいもの)とは茶懐石料理で、箸洗いと同じ意味で使われる献立名です。一般に椀の蓋は折敷(おしき)の外に出しますが、小さい器の蓋は中に置くこともあり、この場合は椀に対して、必ず右向こう側に置いてください。折敷(おしき)とは、茶懐石料理で最初に出される「飯、汁、向付」をのせた膳のことをいいます。

椀物料理用語集一覧を見る

向付の献立一覧

茶懐石料理の膳で手前に置く飯と汁の両椀に対して、器を向こう側に置くところからつけられた、なますや刺身の名称です。【関連】刺身の詳しい内容につきましては⇒「刺身の語源、由来とは、和食の料理用語集【向付け】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。
刺身(さしみ)とは、魚介類を生食する和食の代表的な料理で「なますの一種」に入り、さしみなますと呼ばれていました。そして、刺身の語源には、切り身にその魚のヒレを刺して盛りつけたという説と、切るという言葉を忌み嫌って「刺す」と言いかえた説の2つがあります。

刺身の手法と造りの名称一覧を見る

煮物の献立一覧

【日本料理の献立名】今回は煮物椀(にものわん)の意味をご紹介したいと思いますので、懐石料理の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。煮物椀(にものわん)とは懐石料理の献立で、飯、汁、向付をのせた折敷(おしき)のあとに続く椀盛りのことです。【折敷(おしき)】とは
預け鉢「あずけばち」とは茶懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸の他に、さらに亭主が心入れですすめる料理のことをいい、焼き物の次に、炊き合わせや和え物を出して、人数分をひとつの鉢に盛りつけて取り箸を添え、客に預けて取り回すということから「預け鉢」の名がついています。
進肴「すすめざかな」とは懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸以外に亭主が心入れですすめる炊き合わせ、和え物、揚げ物、珍味などをいい、本来は初釜などの目出たい茶事に出されていましたが、現在では常に使われることが多くなっています。

煮物料理用語集一覧を見る

お凌ぎの献立一覧

お凌ぎとは、会席料理の中程で出される献立で空腹を少し凌ぐ(しのぐ)というところからこの名があり、寿司や茶そば、または芋類や季節の野菜など、腹もちの良い食材で工夫した料理を少量出します。

焼き物の献立一覧

台の物とは足つきの大きな台にのせた料理のことで、献立名として使う場合は、とくに焼き物をさします。そして、会席膳では一人用のコンロを使った焼き物、煮物、小鍋仕立てなどを「台の物」として出す場合が多いです。

焼き物料理用語集一覧を見る

蒸し物の献立一覧

蒸し物料理用語集一覧を見る

揚げ物の献立一覧

強肴(しいざかな)とは懐石料理の献立のひとつで、一汁三菜、箸洗い、八寸以外に亭主が心入れですすめる料理をいいます。【関連記事】会席料理と懐石料理⇒2つのかいせき料理の相違点とは!

揚げ物料理用語集一覧を見る

酢の物の献立一覧

箸休め(はしやすめ)とは食事の途中で口の中をさっぱりとさせたり、献立の流れや味に変化をもたせるために出す簡単な料理のことです。箸をいったん休めて次の料理にそなえるという意味があり、汁仕立てにする場合が多く、少量の和え物や酢の物なども出します。

和え物の献立一覧

今回は日本料理で使う献立の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

鍋料理の献立一覧

止め鍋ちは会席膳のご飯物の前や一緒に出す鍋料理のことで、鍋のあとの雑炊をご飯物とする場合があります。そして、この鍋を使うときは汁けの料理が続きますので、止め椀(赤だしなど)は出さないことが多いです。

ご飯物の献立一覧

【寿司の作り方一覧】本ページでは寿司に関連した料理内容を集めましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。
【赤飯の炊き方】今回は蒸して作るのが一般的な赤飯を「炊飯器」で仕上げる方法をご紹介したいと思いますので、祝い料理の献立作成や蒸し物、お凌ぎ等の参考にされてはいかがでしょうか。

漬物 100種一覧表

茶懐石料理に出される香の物の語源

沢庵(たくあん)の語源【有名な説3つ】今回は沢庵の語源から有名な説を3つご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

会席料理の献立一覧

茶懐石料理の献立一覧

松花堂弁当の献立一覧

献立別の料理用語集まとめ

語源、意味、由来一覧を見る

春の献立一覧

春の食材50音順一覧表

夏の献立一覧

夏の食材50音順一覧表

秋の献立一覧

秋の食材50音順一覧表

冬の献立一覧

冬の食材50音順一覧表

正月料理の献立一覧

月別の献立一覧を見る

【関連】

献立別の料理内容一覧(まとめ)

献立名の語源、意味、由来一覧

他の献立につきましては≫「献立四季報【味暦】サイト内容の一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク