【自家製】土佐梅肉の作り方、梅干しを酒とみりんで煮る方法

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【自然な色に仕上げる梅肉の作り方】

今回は、かつお節の旨味を加える土佐梅肉をご紹介したいと思いますので、酒の肴(さかな)や酢の物の献立などの参考にされてはいかがでしょうか。

土佐(とさ)とは、土佐(高知県)が「かつお節の特産地」であることから、かつお節を使った料理全般につけられる名称で土佐和え土佐揚げなどがあります。
スポンサーリンク

かつお節の旨味を加える自家製梅肉の作り方

【材料】
一般的な大きさの梅干し  300g
清酒  200㏄
みりん  100㏄
かつおの削り節   6g

■ 清酒とみりんの割合は、使用する梅干しの酸味や塩かげんによって自由に調節してください。(合計が300㏄になるようにあわせる)

清酒とみりんのアルコール分を飛ばす工程(煮切る)

【1】最初に、清酒とみりんを鍋に入れて火にかけ、アルコール分を飛ばしてください。(アルコール分を飛ばす調理法を煮切るという)

酒とみりんのアルコール分を飛ばす画像

梅干しを加熱する工程

【2】次に、鍋の火をいったんとめて、梅干しを加えてください。

梅肉の作り方画像,酒とみりんに梅干しを入れる工程

【3】そして、再度加熱してひと煮立ちさせたあと、中火で約1分間煮てください。

梅肉の作り方画像,酒とみりんで梅干しを煮る工程

かつお節の旨味を加える工程

【4】火を止めて、油をこすときに使えるキッチンペーパー(リード等)を鍋にかぶせ、削りがつおを加えてください。

土佐梅肉の作り方画像,かつおぶた

【5】削りがつおが外に出ないようキッチンペーパーを中に折り込み、落としぶたの要りょうで鍋に蓋(ふた)をしてください。

土佐梅肉の作り方,かつおぶた

この調理方法は「かつお蓋」といい、かつお節の旨味を加えて煮る筍(たけのこ)や里芋、白ずいきの大名煮などにも使えます。

【6】このあと、そのまま常温まで自然に冷ましてください。

土佐梅肉の作り方画像

■ 梅干しを煮た酒とみりんを捨てずにこしておくと、煎り酒(いりざけ)と同じような使い方ができます。

梅干しを裏ごす工程

【7】最後に、梅干しの種を取りのぞいて裏ごしに通すと完成です。

梅肉の作り方から梅干しの裏ごし工程

■ 梅干しが好きな方にとっては、このままでも酒の肴(さかな)になりますので試してみてください。

土佐梅肉画像,青じそ

【関連】

もろみの意味

【醪と諸味】2つのもろみの違いとは?

刺身のつけ醤油11種、味わいに

変化を持たせるかわり醤油の作り方

酢の物用あわせ酢割合一覧

梅肉だれの調味料割合と作り方

【参考】

酢の物に役立つ飾り切り一覧

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと細工料理287+30種まとめ】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。飾り切りと料理作りに必要な切り方※包丁には十分注意してケガをしないように仕上げてください。

和え物レシピ関連一覧

酢の物レシピ関連一覧

酢の物関連の料理用語一覧

料理別の調味料割合一覧を見る

今回は、かつお節の旨味を加えた土佐梅肉の作り方をご紹介いたしました。

他のレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク