山葵台(わさびだい)の意味【和食の雑学、料理用語集】

山葵台(わさびだい)の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

山葵台(わさびだい)とは

刺身を盛りつけるときにわさびをのせるため、野菜を切って作る台(器)のことです。

【関連】

今回は生わさびの下処理やおろし方、保存方法などのコツをご紹介したいと思いますので、刺身や和え物の参考にされてはいかがでしょうか。生山葵(なまわさび)の使い方①下処理方法 ②おろすときのポイント ③保存するときの手順

刺身用わさび台の作り方一覧

≫ 山葵酢(わさびず)

≫ 山葵清汁(わさびすましじる)

≫ 山葵大根(わさびだいこん)

献立別の料理用語集一覧へ

料理の雑学、豆知識一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表からは各カテゴリーに移動いたします。

閲覧数が多い記事一覧

他の料理内容やレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク