山葵台(わさびだい)の意味【和食の雑学、料理用語集】

山葵台「わさびだい」の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

山葵台「わさびだい」

刺身を盛りつけるときにわさびをのせるため、野菜を切って作る台(器)のことです。

【関連】

今回は生わさびの下処理やおろし方、保存方法などのコツをご紹介したいと思いますので、刺身や和え物の参考にされてはいかがでしょうか。生山葵(なまわさび)の使い方①下処理方法 ②おろすときのポイント ③保存するときの手順

刺身用わさび台の作り方一覧

≫ 山葵酢(わさびず)

≫ 山葵清汁(わさびすましじる)

≫ 山葵大根(わさびだいこん)

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク