揚げ物の種類と関連の料理用語50音順一覧表

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

揚げ物レシピの関連

料理の雑学、豆知識【和食の料理用語集】

揚げ物の種類と関連用語一覧表

■一覧表内の青い文字(リンク)から各料理や献立、用語等の説明に移動できます。
50音順 料理用語・献立名など
【あ段】 青柳(あおやぎ)
揚げ酢浸し(あげすびたし)
揚げ出汁(あげだし)
揚げ箸(あげばし)
揚げ奴(あげやっこ)
油物(あぶらもの)
霰揚げ(あられあげ)
合わせ揚げ(あわせあげ)
淡雪揚げ(あわゆきあげ)
毬栗揚げ(いがぐりあげ)
烏賊煎餅(いかせんべい)
石垣揚げ(いしがきあげ)
磯辺揚げ(いそべあげ)
市松揚げ(いちまつあげ)
宇治揚げ(うじあげ)
黄金揚げ(おうごんあげ)
陸上げ(おかあげ)
おかか「かつお節の別名」
翁揚げ(おきなあげ)
大原木揚げ(おはらぎあげ)
織部揚げ(おりべあげ)
【か段】 鹿の子揚げ(かのこあげ)
芥子揚げ・辛子揚げ(からしあげ)
乾式加熱(かんしきかねつ)
菊花揚げ(きっかあげ)
木取る(きどる)
木の芽揚げ(きのめあげ)
木の芽塩(きのめじお)
黄身揚げ(きみあげ)
きんし玉子に使われる4つの漢字
金麩羅(きんぷら)
銀麩羅(ぎんぷら)
金麩羅棒(きんぷらぼう)
葛叩き(くずたたき)
化粧揚げ(けしょうあげ)
月冠揚げ(げっかんあげ)
巻繊揚げ(けんちんあげ)
源平揚げ(げんぺいあげ)
甲羅揚げ(こうらあげ)
ごーれん
【さ段】 薩摩揚げ(さつまあげ)
湿式加熱(しっしきかねつ)
信濃揚げ(しなのあげ)
霜降り(しもふり)
精進揚げ(しょうじんあげ)
食糧と食料の意味と違い
白妙揚げ(しろたえあげ)
信州揚げ(しんしゅうあげ)
【た段】 出汁(だし)
叩き木の芽(たたききのめ)
竜田揚げ(たつたあげ)
丹波揚げ(たんばあげ)
調理と料理の違い
付け揚げ(つけあげ)
包み揚げ(つつみあげ)
苞揚げ(つとあげ)
手毬揚げ(てまりあげ)
天笊(てんざる)
電磁誘導加熱(でんじゆうどうかねつ)
天吸(てんすい)
天出汁(てんだし)【5:1:1】
天茶(てんちゃ)
天露・天汁(てんつゆ)【4:1:1】
天南(てんなん)
天抜き(てんぬき)
東寺揚げ(とうじあげ)
東寺巻き(とうじまき)
道明寺揚げ(どうみょうじあげ)
道明寺粉(どうみょうじこ)
土佐揚げ(とさあげ)
天ぷら油の適温
【な段】 長崎天麩羅(ながさきてんぷら)
鳴門揚げ(なるとあげ)
南禅寺揚げ(なんぜんじあげ)
難波揚げ(なんばあげ)
南蛮揚げ(なんばんあげ)
南部揚げ(なんぶあげ)
【は段】 梅花揚げ(ばいかあげ)
博多揚げ(はかたあげ)
白扇揚げ(はくせんあげ)
挟み揚げ(はさみあげ)
花揚げ(はなあげ)
挽き茶揚げ(ひきちゃあげ)
翡翠揚げ(ひすいあげ)
二身揚げ(ふたみあげ)
二身椎茸(ふたみしいたけ)
棒揚げ(ぼうあげ)
奉書揚げ(ほうしょあげ)
豊年揚げ(ほうねんあげ)
【ま段】 真砂揚げ(まさごあげ)
巻き揚げ(まきあげ)
抹茶揚げ(まっちゃあげ)
抹茶塩(まっちゃじお)
松葉蕎麦(まつばそば)
微塵粉揚げ(みじんこあげ)
水葛揚げ(みずくずあげ)
蓑揚げ(みのあげ)
夫婦揚げ(めおとあげ)
元揚げ(もとあげ)
【や段】 誘電加熱(ゆうでんかねつ)
縁揚げ(ゆかりあげ)
茹で溢し(ゆでこぼし)
湯引き(ゆびき)
湯をする(ゆをする)
湯を見せる(ゆをみせる)
寄せ揚げ(よせあげ)
【ら段】 利久揚げ(りきゅうあげ)
竜眼揚げ(りゅうがんあげ)
料理の本来の意味
【わ段】 若布揚げ(わかめあげ)

【関連】

とうもろこしレシピ【夏の食材と献立とうもろこしの寄せ揚げの作り方】Japanese food

揚げ物レシピの関連記事一覧

揚げ物の献立一覧

和食の献立、料理用語集

料理用語まとめ

献立別の料理用語集一覧へ

和食の献立名、それぞれの意味と特徴

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと細工料理296+30種まとめ】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。飾り切りと料理作りに必要な切り方※包丁には十分注意してケガをしないように仕上げてください。

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【会席料理と懐石料理】

2つのかいせき料理の相違点とは!

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索

【参考】

閲覧数が多い記事一覧

飾り切り方法と細工料理

料理別の調味料割合を見る

他の料理内容やレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。