白扇揚げ(はくせんあげ)の意味とは【和食の雑学,料理用語集】

白扇揚げ(はくせんあげ)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

白扇揚げ(はくせんあげ)とは

揚げ物のひとつで、片栗粉に泡立てた卵白を加えてふんわりとさせ、この衣を材料につけて揚げたものです。

そして、別名を白妙揚げ(しろたえあげ)といいます。

【他の揚げ物用語集】

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

焼き物の名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物の名称、語源、由来、豆知識一覧

料理の雑学一覧へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

煮汁の割合と配合50音一覧

飾り切り方法につきましては≫「野菜の飾り切り【100選】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク