白扇揚げ(はくせんあげ)の意味とは【和食の雑学、料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に気をつけながら経済活動を再開していただきたく存じます。
 

白扇揚げ(はくせんあげ)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

白扇揚げ(はくせんあげ)とは

揚げ物のひとつで、片栗粉に泡立てた卵白を加えてふんわりとさせ、この衣を材料につけて揚げたものです。

別名を白妙揚げ(しろたえあげ)といいます。

水葛揚げ(みずくずあげ)の意味

【関連】

献立別の料理用語集一覧へ

料理の雑学、豆知識一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表からは各カテゴリーに移動いたします。

閲覧数が多い記事一覧

他の料理内容やレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク