博多揚げ(はかたあげ)の語源、由来とは【和食の雑学、料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に気をつけながら経済活動を再開していただきたく存じます。
 

博多揚げとは(はかたあげ)の意味

スポンサーリンク

和食の揚げ物用語集

博多揚げ(はかたあげ)とは

色が異なる材料を重ねた揚げ物のことで、はさみ揚げと同じような料理です。

料理用語の博多とは

博多帯の織り柄のように2種類以上の色が違う材料を重ねて、切り口がしま目になるように細工した料理の名称で、切り口が見えるように盛りつけます。

■ 刺身の場合はイカやキスなどの身が薄い材料を使うことが多く、昆布じめにした白身魚にゆでた菜の花や菊花などを挟んで軽く重しをかけて作ります。

そして、この料理は「博多押し」と呼ぶことが多く、加減酢をかけて酢の物としても使えます。

また、焼き物の場合は揚げ物と同じように材料を重ね合わせて作り、こちらは「博多焼き」といいます。

揚げ物用語一覧を見る

揚げ物の献立一覧へ

揚げ物に使える飾り切り一覧

天ぷらや揚げ物のつけ塩の作り方一覧

【関連】

和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

焼き物の名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物の名称、語源、由来、豆知識一覧

料理の雑学一覧へ

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索

【参考】

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと料理作りに必要な切り方、細工料理287+30種】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

料理別の調味料割合を見る

他の料理内容につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク