夏の食材,冬瓜の語源、由来,料理用語、雑学豆知識

スポンサーリンク


冬瓜の語源、由来

夏の食材、冬瓜、料理用語

冬瓜「とうがん」

冬瓜はウリ科のつる性1年草で歴史が古く、平安時代には「加毛宇利(かもうり)」と記され、栽培が行われていたとされます。

そして、原産は東南アジアで、熱帯や亜熱帯地方では夏の重要な野菜のひとつでもあります。

冬瓜の語源、由来

冬瓜は夏の食材として有名ですが、そのまま切らずに置いておくと冬まで保存が利くということから「冬の瓜⇒冬瓜」と呼ばれています。

【関連レシピ】

冬瓜を色よく煮る方法とコツ

⇒「やわらかく煮る色だし煮レシピ

野菜の切り方~飾り切り「100選」

⇒「冬瓜の飾り切り手順とコツ一覧

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り,集合

煮物の語源、意味、由来集

料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食の献立用語集刺身の種類と名称一覧

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報