叩き木の芽(たたききのめ)とは【和食の料理用語集】

叩き木の芽(たたききのめ)

今回は焼き物や煮物の献立によく使う「たたき木の芽」の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

叩き木の芽(たたききのめ)とは

木の芽(さんしょうの若葉)を細かく切ったもので、包丁の刃でたたくように切ることからこの名があります。

主な使用例は焼き物の風味づけや和え衣、煮物の香り、そして、椀物の吸い口としても使います。

■ 吸い口とは、椀物に添える香りのことで、木の芽の他にもゆず、みょうが、ねぎ、唐辛子、こしょうなどがあります。

【たたき木の芽の使用例】

【関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

料理別の調味料割合を見る

料理別【調味料割合一覧】今回は本サイトでご紹介しております「調味料割合」を料理別にまとめましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。■各割合に移動いたします。≫すべての割合を一度に見る

野菜の飾り切り100選を見る

野菜の詳しい飾り切り方法一覧235種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

今回は、たたき木の芽の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「献立別の料理用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク