春の食材【生わかめ】の簡単な下処理方法、色出し手順

スポンサーリンク


【生わかめの色出し方法】

今回は春に出回る「生わかめ」の下処理をご紹介したいと思いますので吸い物、和え物、酢の物などにお役立てください。

食材の下ごしらえ

春の食材「生わかめ」の色出し

「下処理手順」

【1】最初に、塩を少量加えた熱湯をたっぷりと沸かして、わかめを水洗いしてください。

【2】次に、わかめを熱湯にサッと通して緑色を出し、これ以上、熱が加わらないよう冷水に取ってください。

■ 生わかめは湯に入れると、すぐに色が変わります。

※ そして、長くゆでると、やわらかくなりますので注意してください。

「ゆでる前と、ゆでた後の比較」

【3】このあと、わかめの中心にある「かたい部分」を切り取ると下処理か完了します。

■ かたい部分は細かく切ると粘りが出ますので、おろし長芋と和えたり、加減酢と一緒にミキサーにかけると「わかめ酢」が作れますので参考にしてください。

【関連】≫「春の料理一覧

今回は生わかめの下処理をご紹介いたしました。

他の下処理につきましては≫「食材の下処理一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報