天ぷら油の適温が【180℃】といわれる理由とは

料理の雑学、豆知識【揚げ物】

今回は天ぷらや揚げ物の適温が180℃といわれる理由をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

天ぷら油の適温

180℃といわれる理由とは

天ぷらの揚げ油は180℃といわれますが、これは昔の油の精製度が悪く、この温度から煙が出始めたためです。

最近の油は

現在は技術が進歩して、油に含まれる不純物が少ないため、温度を200℃以上まで上げることができ、精製度の高いサラダ油では230~240℃くらいまで煙が出ないものもあります。

実際に揚げるときの温度

揚げ物調理のさい、180℃では色がつきやすいため、半生で仕上げる時や水分の少ない食材以外は、もう少し低い温度(約170℃)で作る場合が多く、うすい衣の天ぷらでは茶色くなって、見た目も悪くなります。

また、野菜の天ぷらを揚げるときは、魚介類よりもやや低い温度で作るのが一般的です。

【参考】

揚げ物レシピ関連一覧を見る

【揚げ物の飾り切り方法一覧】今回は揚げ物に使える野菜の切り方をまとめましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。野菜の切り方とコツ■各項目に移動いたします■
和食の揚げ物用【つけ塩の作り方と割合】今回は天ぷらや揚げ物に添える「つけ塩」をまとめましたので、献立作成や料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。≫【抹茶塩の作り方】

揚げ物の献立一覧を見る

揚げ物の語源、意味、由来一覧

今回は揚げ油の雑学をご紹介いたしました。

他の雑学につきましては≫「料理の雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報