料理用語辞典50音順【け~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【け~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【け】~

けいしょく「軽食」

手軽で簡単な食事という意味です。

けさおとし「袈裟落とし」

魚の頭を切り落とす方法のひとつで、僧侶が欠ける袈裟(けさ)のように魚の頭を斜めに切り落とすことです。

けしず「芥子酢」

合わせ酢のひとつで、三杯酢にけしの実を粒のまま、またはすりつぶして加えたものです。

【関連記事】和食【酢の物】

土佐酢 ポン酢 二杯酢 三杯酢の割合一覧

土佐酢とは!

ポン酢 加減酢 二杯酢 三杯酢一覧

けしょう「化粧」

調理用語としての化粧とは、料理の仕上がりを美しく見せるために用いる手法のことをいいます。

けしょうじお「化粧塩」

魚やエビを塩焼きにするときに焼き上がりを美しく見せるために振ったり、つけたりする塩のことで「飾り塩」ともいいます。

「化粧塩の方法」

指に塩をのせて魚のヒレを挟むように何度かつけていくと、ヒレが自然に広がってきれいに立ってくれます。

この塩が焼いたときに乾燥してくると、ヒレの部分が白く仕上がって見栄えよくなり、そして、焦げるのも防いでくれます。

ヒレを挟みながら塩をつけるだけで簡単にできて、見栄えのいい焼き魚に仕上がりますので、手間をかけられる方は鮎の塩焼きなどで一度お試しになられてみてはいかがでしょうか。

■ ヒレが乾燥している場合は塩がつきませんので、水や酒で水分を含ませてから塩をつけてください。

【関連記事】「焼き魚の温め直し」

焼き魚を温める3つの方法」

◎⇒「焼き物を香ばしく仕上げるコツ!

「簡単~焼きだれレシピ」

お玉1本~5分で作れる焼きだれレシピ

【茶懐石料理の関連】

懐石料理の焼き物

⇒「茶懐石料理の献立集

懐石と会席~2つの「かいせき」相違点とは!

⇒「懐石(かいせき)料理とは!

焼き物のあしらいに役立つ飾り切り

■⇒「蓮根の飾り切り手順一覧

その他の飾り切り手順につきましては「野菜の飾り切り一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

けずりぶし「削り節」

カツオ節、サバ節、イワシ節、アジ節などの節類を薄く削ったもので、だしを取る他、浸し物などの天盛りとして用いられています。

【関連記事】

かつお節の特徴と品質の見分け方

げそ「下足」

一般にいかの足のことをこの名で呼びます。

【関連記事】

いかをやわらかく煮る方法とコツ3つ

いかに切り込みを入れている理由とは

いか下足をやわらかく大根と煮る方法

いか下足の下ごしらえ~下処理の方法

【次のページ】

料理用語の基礎知識【けた~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報