料理用語辞典50音順【くた~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【くた~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【くた】~

くだもの「果物」

一般に種子植物が受粉、受精したあと、子房などが発達して膨らんだものの総称として使われる言葉で、植物学の分類では梅、桃などのように子房が発達して肥大したものを真果、そしてリンゴ、梨、苺のように子房以外の器官が子房と一緒に膨らんだものを偽果と呼んでいます。

また、果物は構造や食用とする部位によって核果類、液果類、仁果類、準仁果類に分けられています。

【関連記事】⇒果物の飾り切り手順一覧

レモンの飾り切り~蝶々 ○蝶々の応用

料理の前盛りに役立つレモンの飾り切り

花むきレモンの切り方手順「菊花むき」

柿の切り方と見栄えよく盛りつける方法

りんご飾り切り~木の葉りんごの切り方

くだりうなぎ「下り鰻」

秋に産卵のため、海に下るウナギのことです。

【関連記事】日本料理に役立つ

⇒「うなぎ料理~刺身と椀もの(汁物)

くみどうふ「汲み豆腐」

おぼろ豆腐の別名です。

くもこ「雲子」

タラの白子の別名で、形が雲に似ていることからこの名で呼ばれています。

くりきんとん「栗金団」

クリの含ませ煮を、サツマイモの衣で和えた「きんとん」のことです。

【関連記事】栗きんとんのいわれ

おせち料理に入っている食材の語源やいわれにつきましては⇒「おせち料理の語源、意味、由来とは!」に掲載しておりますので参考にしてください。

くりむき「栗剥き」

①栗の皮をむくこと。

②和食の飾り切り手法のひとつで、人参やかぼちゃを栗の形に切る方法です。

【関連記事】⇒栗むき人参の切り方とこつ

■⇒栗むき南瓜の飾り切り【切り方とこつ】

IMG_2300

クロロフィル「葉緑素」

クロロフィルは、植物が光合成をするのに重要な働きをしている物質でもあり、青味野菜を長くゆでたり、ゆで上げを冷水に取らずにそのままにしておくと、色が悪くなるのは野菜の中に含まれている有機酸によって違うものに変化してしまうからです。

酢のものにして長時間おいた場合、色が悪くなってしまうのも同様です。

【青味野菜の煮物関連】

日本料理~煮物レシピ一覧

⇒「冬の煮物~水菜を色よく煮る方法

⇒「青味野菜おくらの色出し煮の方法

~料理に役立つ引き立て役

⇒「緑色を色よく仕上げる方法

~茸と水菜のお浸しの作り方手順

料理用語の基礎知識【け~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報