花型レモンの飾り切り方法とコツ【菊花むきの詳しい切り方+用途と効果】

【果物の切り方とコツ】

菊花レモンの飾り切り方法

今回は料理の盛りつけに役立つレモンの切り方をご紹介したいと思いますので、飾り切り技術の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

果物の切り方【レモンの飾り切り方法とコツ】

【花型レモンの用途と効果】

レモンを器に敷いて和え物や酢の物を盛りつけたり、揚げ物や刺身の大皿盛り等に使うと、鮮やかな黄色がさえて見栄え良く仕上がります。

また、レモンを使ったドリンクのレモンティーやカクテル等にも役立ちます。

花型レモン(菊花むき)の手順

切り込む工程

【1】最初に、レモンを厚さ約1㎝の輪切りにしてください。

※ 1㎝よりも薄いと皮をむいているときにフニャフニャと曲がりますので、むきにくくなります。

レモン,飾り切り

【2】次に、刃を表皮と果肉の間の白い部分にあててください。

レモン,飾り切り

そして、包丁を桂むきと同じ方法で動かしながら、白い部分が菊型になるよう、丸みをつけてください。

【関連】

【桂むき】の詳しい内容につきましては≫「大根けんの詳しい切り方と桂むきのコツ5つ」に掲載しております。

切るときのコツ【レモンの形に持ち方を合わせる方法】

■ レモンの中心部分は輪切りにしたときの厚みがある程度そろっていますから問題ないですが、どちらか片方が小さい場合は輪の大きいほうを下に向けると、むきやすくなります。

レモン,飾り切り

これは他のむき物も同様で、包丁の刃先を自分の体側(手前)に起こすよりも反対側(前方)に寝かせたほうが自然で動かしやすいためです。

【3】このあと、果肉の丸みに合わせて、内側に切り込んでください。

レモン,飾り切り

※ 内側に切り込むときは押し切りです。

【4】そして、内側に切り込んだ包丁を一旦止め、丸みの溝がⅤ字になるよう、刃を反対側に切り進めてください。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

※ 外側に切り進むときは引き切りです。

刃を押し込むように内側に切り進め、引きながら外側に戻す感じです。

【5】このあと、約1㎝残した状態まで上記の動作を交互に繰り返すと下の写真のようになります。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

仕上げの工程

【6】最後に、むいた皮を結んで先端を切りそろえると完成です。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

菊型レモンを薄く切るときのコツ

さらに薄く切る場合は皮を一旦戻してください。そして、むき始めた側から包丁の刃を入れ、横向きにへぎ切りすると皮が動きませんので細工しやすいです。

重要:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

果物、果実の関連記事

飾り切り方法と細工料理一覧

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ284+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。
果物の切り方とコツ一覧
レモンの飾り切り方法一覧
スダチの飾り切り方法一覧
飾り切り、むきもの道具の名称一覧

酢の物レシピ関連

酢の物用あわせ酢割合50音順一覧

酢の物の献立一覧

和え物レシピ関連

和え物に使える調味料割合一覧

和え物の献立一覧

今回は花型レモンの飾り切りをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク