盛りつけに役立つ果物の飾り切り,花むきレモンの詳しい切り方手順

 


「果物の切り方とコツ」

今回は料理の盛りつけに役立つレモンの飾り切りをご紹介したいと思います。

今回の「花むきレモン」は器に敷いて、その上に和え物や酢の物を盛りつけたり、お刺身の大皿盛り飾りなどに使うと鮮やかな黄色がさえて見栄えを良くしてくれます。

また、レモンを使ったドリンク(レモンティーやカクテル等)にも役立ちますので参考にしてください。

果物の切り方、レモンの飾り切り方法とコツ

花むきレモン(菊花むき)の手順

【1】まず、レモンを約1㎝の厚さで輪切りにしてください。

■ 1㎝よりも薄く切ると、皮をむいているときにレモンが動いてフニャフニャと曲がり、むきにくくなりますので、あまり薄くしない方が包丁を進めやすいと思います。

レモン,飾り切り

【2】次に、包丁を桂むきと同じようにして動かしながら、レモンの皮と果肉の間(白い部分)を花形(菊形)に切り込んでください。

■ レモンの皮目に包丁を入れる場合、中心部の一番太い部分では問題ないのですが、下写真のようにどちらか片方の輪が小さくなっているときは、輪の小さい側を上に向けてむく方がむきやすくなります。

これは他のむきものをする場合も同様で、包丁の刃先を自分の体側に起こすよりも、体の反対側(前方)に倒した方が自然で動かしやすいためです。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

桂むきの詳しい内容につきましては「大根けんの詳しいむき方手順~桂むきのコツ5つ」に掲載しておりますので参考にしてください。

【3】そして、果肉の丸みに合わせて包丁を上に押しあげながら、内側に向かって菊形なるように切り込んでください。

レモン,飾り切り

【4】このあと【3】で包丁を押し上げて内側に切り込んだときと反対に、刃を下におろしながら外側(皮の方)に向かって切り進んでください。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

菊むき、桂むきのポイント

桂むきの場合は段がつかないように筒状に丸くむきますので、包丁を下げるときは切り進めない方がむきやすいのですが、菊花むきの場合は丸みをつけながらV字にくぼませて段をつけますから、刃を下に動かすときに(引き切り)外側に切り進んでください。

そして、このむき方は筍(たけのこ)を菊花むきにするときにも応用ができ、包丁の動かし方はレモンの場合とほぼ同じでむけます。

※ 筍の場合は下ゆでしてからむきますので、柔らかい割に繊維が強くて刃から材料が逃げようとしますからレモンよりもむきにくくなると思います。

また、桂むきは柔らかい材料よりも固い方が、刃がブレにくいのでむきやすい場合が多く、胡瓜よりも大根、そして大根よりも人参の方がむきやすいです。

【5】このあと【3】と同じ要領で刃を押し上げながら内側に切り込んでください。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

【6】そして【3】,【4】を繰り返しながら皮と果肉の間を菊形にむいて、最初に切り込んだ場所から約1㎝手前まで切り進むと写真のようになります。

↓↓↓

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

【7】最後の仕上げに、むいた皮を結んで先端を切りそろえると「花むきレモン」が完成します。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

■ 今回のレモンを薄く切る場合は皮を菊形にむいてから横向きにへぎ切りすると、菊形に細工しやすく、また失敗しにくくなります。

【関連】⇒「果物の飾り切り

レモンの簡単飾り切り ≫りんご ≫

前盛りに役立つ半月レモンの切り方手順

レモンで器を作る方法、レモン釜の手順

参考⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順コツ一覧】へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。