半月レモンの飾り切り手順,料理の前盛りに役立つ細工切り

スポンサーリンク



果物の飾り切り、半月レモンの細工切り方法

今回の飾り切りは和え物や、酢物の前盛りに役立つ半月レモンの切り方をご紹介したいと思いますので、料理の盛りつけにお役立てください。

果物の飾り切り手順~レモンの切り方

レモン,れもん,飾り切り

半月レモンの飾り切り方法~手順とコツ

【1】まず、レモンを約1㎝の厚さで半月形に切ってください。

レモン,飾り切り

そして、包丁を桂むきと同じ方法で動かしながらレモンの皮と果肉の間(白い部分)を丸くなるように切り込んでください。

■このときに果肉の丸みに合わせて切り進めると、仕上がりがきれいに見えます。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

桂むきの詳しい内容につきましては「大根けんの詳しいむき方手順~桂むきのコツ5つ」に掲載しておりますので参考にしてください。

【2】次に、【1】で包丁を上に動かして果肉側に切り込んだときと反対に、刃を下におろしながら皮の方に向かって切り進んでください。

レモン,飾り切り

花むき、菊むき、桂むきのポイント

桂むきの場合は段がつかないよう筒状に丸くむきますので、包丁を下げるときは切り進めない方がむきやすいですが、菊花むきの場合は丸みをつけながらV字にくぼませて段をつけますから、刃を下に動かす際(引き切り)外側に切り進んでください。

そして、このむき方は筍(たけのこ)を菊花むきにするときにも応用ができ、包丁の動かし方はレモンとほぼ同じです。

※ 筍の場合は下ゆでしてからむきますので、柔らかい割に繊維が強く、刃から材料が逃げようとしますからレモンよりも少しむきにくいです。

また、桂むきは柔らかい材料よりも固い方が、刃がブレにくいのでむきやすい場合が多く、胡瓜よりも大根、そして大根よりも人参の方がむきやすいです。

【3】このあと【1】と【2】を繰り返し、最初に切り込んだ場所から約1㎝手前まで切り進むと下写真のようになります。

↓↓↓

レモン,飾り切り

【4】最後に、むいた皮を包丁を止めた部分に差し込むようにして挟むと「半月レモンの飾り切り」が完成します。

レモン,飾り切り

■ 同様のむき方で果肉に合わせた丸みをつけずに、皮を同じ幅でむき進めると、レモンを使った「ウサギの飾り切り」が切れ、ライムやスダチでも同じように切れますので参考にしてください。そして、ウサギに見立てる場合は目の部分に種を置くと、よりウサギらしく見えます。

※ 赤い目をつける場合はクコの実をシロップ漬けにしたものや、ザクロ、小豆などを置いて表現すると簡単です。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回は半月レモンの飾り切り手順をご紹介いたしましたが、同じ方法で輪切りのレモンを使うと、レモンティーやカクテルなどにも役立つレモンの花むき(菊花むき)が切れますので参考にしてください。

レモン,飾り切り

↓↓↓

■ 花むきレモンの詳しい内容につきましては「果物の飾り切り~花むきレモンの詳しい切り方手順」に掲載しておりますのでお役立てください。

【関連】⇒「果物の飾り切り一覧

レモンの簡単飾り切り ○レモン釜の手順

りんごの木ノ葉 ○柿をきれいにむく方法

⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧」へ

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り~むきもの道具の名称一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧】へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報