柿のきれいな皮のむき方【詳しい方法と見栄えよく盛るコツ~柿料理の切り方手順】

秋の味覚【柿】皮のむき方と盛りつけ

今回は柿の皮をきれいにむく方法と見栄えよく盛りつけるコツをご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

また、白和えやなますを作るときに役立つ和え物用の切り方も掲載しておりますので参考にしてください。

スポンサーリンク

柿のきれいな皮のむき方と見栄えよく盛りつけるコツ

IMG_2533

柿の皮をきれいにむく方法

「基本のむき方」

【1】最初に柿のへたを切り落としてください。

IMG_2504

※切ったへたは盛りつけのときに使いますので捨てないでください。

【2】次に柿の皮をぐるっと1周むいてください。

■柿は四角に近い形をしていますので、包丁をその辺にあわせると皮がむきやすいです。

IMG_2505

↓↓↓

IMG_2507

↓↓↓

IMG_2508

【3】このあと、柿を90℃回して側面の皮をむいてください。

IMG_2511

↓↓↓

IMG_2513

【4】そして、最後に残った三角形の皮を切り取ると「むきあがり」です。

IMG_2514

「柿皮のむきあがり」

↓↓↓

IMG_2515

柿のへたを取って飾り包丁を入れてから切り分ける手順

「柿のへたを取る」

【1】柿の皮をむいたあと、半分に切って残っているへたを三角形に切り取ってください。

IMG_2521

↓↓↓

IMG_2522

↓↓↓

IMG_2524

「飾り包丁と柿の切り分け方」

【2】そして、柿に対して浅く斜めに切り込みを入れて飾り包丁をしてください。

IMG_2526

↓↓↓

「飾り包丁の例」

IMG_2527

【3】このあと、柿を3等分すると「切りあがり」です

IMG_2529

↓↓↓

IMG_2530

柿の盛りつけ例

「盛りつけ例」

先ほど残しておいた柿のへたと、料理のかいしき葉をそえて盛りつけると写真のようになります。

IMG_2533

和え物にするときの切り方

「白和えやなますにする場合」

和え物などを作るときは半分に切ってへたを取ったあと約2~3mmの幅で「拍子木切り」にしてください。

IMG_2534

↓↓↓

IMG_2536

■ 細く切りすぎると衣と和えるときに柿がボロボロになりますので、ある程度の太さに切ってください。

また、柿がやわらかい場合は「さいの目切り」にすると和えるときにくずれにくくなります。

※ 柿を切ってから食べるまでにしばらく時間がある場合は薄い塩水に浸けて変色を防いでください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

⇒「柿の皮をきれいにむく簡単な方法

今回は柿を1/4に切ってから皮をきれいにむく簡単な方法をご紹介したいと思いますので、秋の献立や水物の参考にされてはいかがでしょうか。【秋の果物、果実の切り方】柿の簡単な皮むき方法とコツ

■柿釜の作り方につきましては≫「秋の飾り切り~柿釜の作り方手順、切り口を菊型に取り出す方法」に掲載しております。

秋の献立に役立つ果物の切り方「柿(かき)で器を作る方法とコツ」今回は柿を使った器【柿釜】の、切り口を菊型に見せる方法をご紹介したいと思いますので、小鉢料理の盛りつけや水物の演出など、秋の献立にお役立てください。

今回は柿の皮むきと盛りつけをご紹介いたしましたが、単に材料を切るだけでなく盛りつけや、切り方を少し工夫すると見た目にも楽しめますので、秋会席や水物の参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

⇒「果物の飾り切り一覧」へ

⇒「果物の切り方、りんごの飾り切り方法

木の葉りんご林檎リンゴ

⇒「野菜の飾り切り一覧」へ

秋の飾り切りにつきましては≫「秋の飾り切り手順とコツ一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

⇒「和食の飾り切り、むきもの道具一覧

次の飾り切りを見る⇒切り方手順一覧】へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報