料理用語辞典50音順【けた~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【けた~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【けた】~

げた

お寿司屋さんで使われている符丁(符号や合言葉のこと)で数の3を表しています。

けぬきずし「毛抜き寿司」

笹巻き寿司の別名です。

けん「剣」

さしみの添え物にする野菜のことで、一般には細切りにした野菜のことをさしますが、特に材料の繊維を垂直に切ったものをいう場合もあり、つまと呼ばれる物の1つです。

そして、名前の由来は鋭い様子を剣に見立てたところからきています。

【関連記事】「桂むきのコツ5つ

大根けんの詳しい切り方~盛りつけ方法

大根けんむき

けんしんずし「謙信寿司」

長野県飯山市富倉に古くから伝わる郷土料理のことで、すし飯は、うるち米にもち米を1割加えて炊き、具はサンサイとダイコン、ナスなどの野菜のみそ漬けを油炒めしたものを用います。

戦国時代の武将、上杉謙信が川中島の戦場へ出陣するたびに、土地の人々が兵糧としてささげたのでこの名があるとされます。

けんちん「巻繊」

一般に、けんちん地を用いた料理を「けんちん」といい、けんちん汁、けんちん蒸し、けんちん煮、けんちん焼きなどがあります。

けんちんじ「巻繊地」

細切りにしたダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケ、キクラゲ、タケノコなどを油で炒め、その中につかみ崩した豆腐を入れて、さらに炒めたものです。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【こ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報