身欠きにしんのもどし方手順【和食の基本と乾物の下処理方法】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

乾物のもどし方【身欠きにしん】

今回は身欠きにしんのもどし方をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

身欠きにしんのもどし方

米のとぎ汁につける工程

【1】最初に、本干しの身欠きにしんを米のとぎ汁にひたしてください。

身欠きにしんのもどし方手順,米のとぎ汁に浸ける工程

【2】次に、汁を毎日新しいものに交換しながら3~4日かけて柔らかくもどしてください。

骨を取り除く工程

【3】にしんを十分にもどしたあと、腹骨を包丁ですき取り、血合い骨を丁寧に抜いてください。

身欠きにしんのもどし方手順,腹骨をすき取る工程

■ にしんの骨は鯛や鯖と同じく、背と腹の間に細かい骨が入っています。

また、その横(背側)にも鮭と似た位置に骨がついていますので、こちらも抜き取ってください。

身欠きにしんのもどし方手順,骨を抜く工程

番茶でゆでて臭みを取る工程

【4】骨を抜いた「にしん」を煮たてた番茶に入れ、弱火で約30分間ゆでたあと、水にさらしてウロコを取りのぞいてください。

身欠きにしんのもどし方手順,番茶でゆでる工程

■ にしんの臭みが強い場合は数時間、水にさらしてください。

身欠きにしんのもどし方手順,下処理完成写真

そうすると、臭みと脂が抜けて下処理が完了しますので、このあと昆布巻きや蒸し煮、にしんなす等に利用してください。

昆布巻きの作り方手順

にしんの昆布巻きの煮汁割合

身欠きにしんの煮物レシピ

【作り方と調味料割合】

にしんの蒸し煮の作り方と煮汁割合

にしんなすの調味料割合

にしんは骨が多く、独特のクセがありますが「春告げ魚」という別名があり、お正月にも使う縁起の良い魚です。

おせち料理に

数の子や鰊(にしん)を使う意味と理由

昆布巻き、だて巻きなどを使う理由

年末年始に使える豆知識

【御節料理(おせちりょうり)とは?】

【関連】

鰊、鯡(にしん)に関連した料理内容一覧

数の子の薄皮むきと下処理のコツ

おせち料理や正月関連の調理内容一覧

おせちと正月関連の料理雑学、豆知識

大みそかに年越しそばを食べる理由

【参考】

乾物のもどし方手順一覧

煮物の語源、料理用語集一覧

巻き寿司の失敗しない巻き方とコツ

今回は身欠きにしんのもどし方をご紹介いたしました。

他の下処理につきましては≫「食材の処理や下ごしらえなどに関連した料理内容まとめ」にも掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。