身欠きにしんのもどし方手順【和食の基本と乾物の下処理方法】

乾物のもどし方【身欠きにしん】

今回は身欠きにしんのもどし方をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

身欠きにしんのもどし方

米のとぎ汁につける工程

【1】最初に、本干しの身欠きにしんを米のとぎ汁にひたしてください。

身欠きにしんのもどし方手順,米のとぎ汁に浸ける工程

【2】次に、汁を毎日新しいものに交換しながら3~4日かけて柔らかくもどしてください。

骨を取り除く工程

【3】にしんを十分にもどしたあと、腹骨を包丁ですき取り、血合い骨を丁寧に抜いてください。

身欠きにしんのもどし方手順,腹骨をすき取る工程

■ にしんの骨は鯛や鯖と同じく、背と腹の間に細かい骨が入っています。

また、その横(背側)に、鮭と似た骨がついていますので、こちらも抜き取ってください。

身欠きにしんのもどし方手順,骨を抜く工程

番茶でゆでて臭みを取る工程

【4】骨を抜いた「にしん」を煮たてた番茶に入れ、弱火で約30分間ゆでたあと、水にさらしてウロコを取りのぞいてください。

身欠きにしんのもどし方手順,番茶でゆでる工程

■ にしんの臭みが強い場合は数時間、水にさらしてください。

身欠きにしんのもどし方手順,下処理完成写真

そうすると、臭みと脂が抜け、下処理が完了しますので、このあと昆布巻きやにしんなす等に利用してください。

にしんの昆布巻きを作るときの煮汁割合

【昆布巻きの作り方手順とコツ】今回は、ソフトにしんを使った昆布巻きの作り方手順とコツをご紹介したいと思いますので、おせち料理の重詰めや煮物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

にしんなすを煮るときの調味料割合

にしんは骨が多く、独特のクセがありますが「春告げ魚」という別名があり、お正月にも使う縁起の良い魚です。
和食の語源、意味、由来【おせち料理の雑学、豆知識】今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

【関連】

ソフトにしんの下処理方法

今回はソフトにしんの下ごしらえと簡単な照り焼きの作り方をご紹介したいと思います。ソフトにしんは身欠きにしんに比べると、下処理が簡単で調理時間も短くて済みますので、煮物や焼き物などにお役立てください。

【参考】

煮物の語源、料理用語集一覧

巻き寿司の失敗しない巻き方とコツ

今回は身欠きにしんのもどし方をご紹介いたしました。

他の乾物につきましては≫「乾物のもどし方手順一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク