おせち料理に【数の子や鰊(にしん)】を使う意味と理由

スポンサーリンク


和食の語源、意味、由来

今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

おせち料理の雑学、豆知識

数の子や鰊(にしん)を使う理由

「子孫繁栄の願かけ」

にしんの漢字は、魚へんで「鰊」または「鯡」と書きますが、祝い料理の場合は「二親」の字をあてます。

そして、この「二親」が「両親」を表し、にしんの卵が数の子ですので、子宝に恵まれますようにという願いが込められます。

また、数の子には粒がたくさんついているという理由もあります。

そのため、新年に食べる「おせち料理」の献立には数の子や鰊(にしん)を多く使います。

鰊、鯡(にしん)

北太平洋に生息する、にしん科の魚です。

主な漁場は北海道ですが、茨城県(太平洋側)と富山県(日本海側)より北の海でも水揚げされます。

そして、にしんは春になると、北海道沿岸に近づくため「春告げ魚」とも呼ばれ、脂分が多いので味が良く、焼き物や煮物に使います。

また、加工品としては昆布巻き、燻製(くんせい)、身欠きにしん、塩蔵品(数の子を含む)などがあります。

【関連】

⇒「数の子の薄皮むきと下処理のコツ

⇒「焼き物のつけだれ、かけだれ割合一覧

和食の焼きだれ【割合と配合一覧】今回は焼き物を作るときの割合とつけだれ、かけだれ等をまとめましたので焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

⇒「大晦日に年越しそばを食べる理由

⇒「12月年越し、そば料理の献立8つ

■おせち料理に込められた幸福になるための願いにつきましては≫「おせち料理の食材がもつ幸福の意味と理由8つ」に掲載しております。

⇒「鏡餅(かがみもち)の語源、意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

⇒「おせち料理に、ごぼうを使う理由

⇒「おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

和食の語源、意味、由来「おせち料理の雑学、豆知識」今回は、おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

焼き物の関連記事一覧

【他の関連記事】

⇒「焼き魚の温め直し3つの方法

焼き魚,焼き物

⇒「牛肉八幡巻きの作り方とコツ

牛肉八幡巻き,やはたまき

和食の焼き物手法一覧

「焼き物の串打ち方法一覧」今回は焼き物を作るときの串の打ち方を一覧にいたしましたので、料理作りや和食調理にお役立てください。

【参考】

焼物用語集、語源、由来、雑学一覧

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

和食の調味料割合一覧

≫「煮汁の割合と配合50音一覧

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

≫「酢の物を作るときの合わせ酢一覧

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報