蒸し鶏、サラダ、焼き物などに使える【ごまだれの作り方手順】

胡麻垂れ(ごまだれ)の作り方

今回は蒸し物やサラダにかけたり、白身魚を焼くときに使える【ごまだれ】をご紹介したいと思いますので、つけだれやドレッシングの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食のつけだれレシピ【ごまだれの作り方手順】

【ごまだれの割合】

■ 計量は、お玉じゃくしを使用してください。

だし  5杯
みりん  1杯
濃口醤油  1杯
練りごま  1.5杯
煎りごま 適量(練りごまの1/2~1/3)

合わせだしを作る工程

【1】最初に、だし5:みりん1:醤油1の分量で合わせた調味だしを鍋に入れてください。

そして、この調味だしをひと煮立ちさせてアクをすくい取り、火を止めて削りがつおを加えてください。(追いがつお

【2】次に、だしをキッチンペーパーやネル地に通して削りがつおをこし取り、いったん冷ましてください。

ごまを合わせる工程

【3】煎りごまをすり鉢に入れて、半ずり状態まですりつぶし、練りごまと合わせてください。

ごまだれの作り方手順

仕上げの工程

【4】このあと、冷ました調味だしを少しずつ加えながら、さらにすり混ぜると完成です。

ごまだれの作り方

↓↓↓

ごまだれ

【調理例】

■ 焼き物(利久焼き)に使う場合は、白身魚や鶏肉などに軽く塩をしたものを約30分間、つけ込んでください。

【関連レシピ】

今回は、蒸し鶏とゆで野菜にごまだれをかけた料理をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。冬の食材【鶏肉】蒸し鶏と白菜のごまだれがけの作り方
【天だしの応用編】今回は、天ぷらでは使いきれずに残った天だしの利用方法をご紹介したいと思いますので、サラダ仕立てのドレッシングや蒸し物だれの参考にされてはいかがでしょうか。
肉料理の作り方とコツ【牛肉の冷しゃぶ】今回は、牛肉の冷しゃぶを作るときのコツをご紹介したいと思いますので、野菜の牛肉巻きやサラダ仕立ての参考にされてはいかがでしょうか。

今回は、ごまだれの作り方をご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「料理別の合わせ調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク