牛肉で冷しゃぶを作るときの湯の温度と加熱時間のコツ

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【牛肉の冷しゃぶ】

今回は、牛肉の冷しゃぶを作るときのコツをご紹介したいと思いますので、野菜の牛肉巻きやサラダ仕立ての参考にされてはいかがでしょうか。

肉料理の作り方とコツ【牛肉の冷しゃぶを作るときの湯の温度と加熱時間】

湯の温度(70~75℃)

作り方は、湯を沸かした鍋に牛肉のうす切りをさっと通して加熱し、氷水に取ると完了です。

加熱するときの湯は、表面からゆらゆらと湯気が出ている状態で、鍋のふちに気泡が出始めると約80℃まで上がっています。

※ 温度計を使うと確実に調理作業が行えます。

加熱時間の比較

5秒加熱したものと10秒の肉の比較

牛肉の冷しゃぶの比較,肉料理の献立

加熱時間は料理の用途(サラダや牛肉巻きなど)によって、使いやすい状態に調節してください。

5秒加熱した肉の使用例

【牛肉のはりはりサラダ

牛しゃぶのはりはりサラダ仕立て

【冷しゃぶ肉の貝割れ巻き】

牛肉の冷しゃぶサラダ仕立て,貝割れ菜巻き

10秒加熱した肉の使用例

牛肉冷しゃぶのアスパラ巻き,肉料理の献立

↓↓↓

【冷しゃぶ肉のアスパラ巻き】

牛肉の冷しゃぶアスパラ巻き

■ 牛肉を加熱する湯の温度が高いと、火の通り方にむらが出やすく、肉が急激に縮む原因になりますので参考にされてはいかがでしょうか。

【万能合わせ酢】料理屋の作り方を簡単にしましたのでお役立ていただければ幸いです

【関連】

はりはり鍋の意味

【冷しゃぶのソース】

ごま酢の作り方

ごまポン酢の作り方

ドレッシング割合14種一覧

ごまマヨネーズの調味料割合

【天だしの応用編】今回は、天ぷらでは使いきれずに残った天だしの利用方法をご紹介したいと思いますので、サラダ仕立てのドレッシングや蒸し物だれの参考にされてはいかがでしょうか。

今回は牛肉の冷しゃぶをご紹介いたしました。

他の肉料理につきましては≫「肉料理の関連一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。