玉子けんちん焼きや蒸し物に使える【びしゃ玉の作り方と割合】

煮物、焼き物、蒸し物、揚げ物

などに使用する玉子けんちんの素

今回は溶き玉子に砂糖とうす口しょうゆを加えて練り上げる【びしゃ玉の作り方手順と割合】をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

■ 玉子けんちんの生地ですが、今回は豆腐を加えずに油で炒めない方法です。

スポンサーリンク

玉子けんちんの下ごしらえ、びしゃ玉の作り方と調味料割合

溶き玉子と調味料の割合

溶き玉子 10個分
砂糖 大さじ2~3杯
うす口醤油 大さじ1杯

■ 砂糖の分量は主になる他の食材の種類や、かける葛あんの甘味などに応じて調節してください。

中に入れる具の一般的な例と分量目安

(溶き玉子 10個分)

細切り人参 約10g
細切りきくらげ 約10g
うす切り椎茸 約30g

■ 中具は、さっとゆでて水けをきったものです。

けんちん地やびしゃ玉の中具,人参,きくらげ,椎茸

鍋を火にかけて練る工程

【1】最初に、調味料と具を加えた溶き玉子を中火にかけてください。

そして、鍋底をこするように木じゃくし等で混ぜながら、玉子をこがさないように加熱してください。

玉子けんちんに使えるびしゃ玉の材料

■ 火加減が分かりづらい方は、湯せん(2枚鍋)で作っても大丈夫です。

【2】次に、鍋底の玉子が固まり始めたところで火を弱め、更に加熱して半熟状態で火を止めてください。

玉子けんちんに使えるびしゃ玉の作り方

↓↓↓

玉子けんちん,びしゃ玉の作り方

かたさの目安は、火が完全には通っていないけれども、冷めたときに扱いやすい状態です。(冷ますとかたくなります)■ 他の食材で例えると、絹ごし豆腐を手で細かく崩した中に溶き玉子を加えた程度のかたさです。

冷ます工程

【3】火を止めた直後は鍋が温かいために玉子が固まる可能性がありますので、粗熱が取れるまでは底をかき混ぜ、そのあと常温まで冷ますと完成です。

■ この生地を他の材料で巻いたり、包んだりして次の調理に進んでいただきたいと思います。

【さわらを使った調理例】
【焼き物の盛りつけ例】

さわらの玉子けんちん焼き

焼きしめじ

さわらの玉子けんちん焼き,焼きしめじ,焼き物の献立

いわしの玉子けんちん焼き

べっこうしょうが

いわしの玉子けんちん焼き,べっこうしょうが,焼き物の献立

さんまの玉子けんちん焼き

大原木しめじ、菊花なます、紅葉ピーマン

さんまの玉子けんちん焼き,大原木しめじ,菊花なます,もみじピーマン,秋の焼き物の献立

さんまに関連した秋の料理内容一覧

【蒸し物の盛りつけ例】

さわらの玉子けんちん蒸し

三つ葉あん、おろししょうが

さわらのけんちん蒸し,三つ葉あん,おろししょうが

鮭の玉子けんちん蒸し

一文字三つ葉、いくら

わさび菊花あん

鮭のけんちん蒸し,一文字三つ葉,いくら,わさび,菊花あん

鮭に関連した料理内容一覧

巻繊地(けんちんじ)とは

細く切った野菜を油で炒めて、その中にくずした豆腐を入れて更に加熱したもので、玉子を主にして作った場合は「玉子けんちん地」といいます。

※ 豆腐を使わずに玉子だけで作る生地の場合は、炒めないことも多いです。

巻繊の名の語源、意味、由来

「巻」は巻いたもの、「繊」には小さく切るという意味があり、油を使うところが特徴です。

けんちんは中国から伝えられた卓袱料理(しっぽくりょうり)のひとつで巻煎とも書き、別名を「けんちぇん」または「けんせん」といいます。

元来は、もやしを油で炒めて湯葉で巻いたものや崩した豆腐と細切り野菜を湯葉や金紙玉子で巻いてから油で揚げた料理であったとされます。

【関連】

和食の献立【料理用語集一覧】

料理別のあわせ調味料割合一覧

今回は、びしゃ玉の作り方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク