じゃばらきゅうりの切り方とコツ【よくある失敗例!】

スポンサーリンク


【じゃばらきゅうりの詳しい切り方手順】

今回は酢の物で使うことが多い「蛇腹胡瓜(じゃばらきゅうり)」の詳しい切り方と失敗しないための細かいコツをご紹介したいと思いますので、酢の物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

酢の物の飾り切り

蛇腹胡瓜の切り方とコツ

【1】胡瓜の両端を少し切り落とし、かたくて色が濃い方の皮を薄くむき取ってください。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

次に、胡瓜を切るときに転がって動くのを防ぐために両側の皮を平行に切り落として、まな板に置いたときに安定するようにしてください。

↓↓↓

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

【2】このあと、胡瓜に対して包丁を斜めにして約1㎜間隔で切り込みを入れていきます。

そして、このとき包丁の先はまな板にあたるようにして、手前側は浮かした状態で切り進んでください。

■ 切り込みが入れにくい場合は、手前側に割り箸や布巾を折りたたんで置くと切りやすくなります。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

このまま、胡瓜の端から端まで切り進んでください。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

「拡大写真」

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

【3】そして、胡瓜を裏返して同じ要りょうで切り込みを入れてください。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

蛇腹胡瓜の切り込みを入れるときのポイント

「胡瓜の断面図から見た切り込み」

切り込みは、胡瓜に対して包丁が斜めに半分強入った状態で切り進んでください。

そして、表と裏を同様に切り進むと、半分よりも中に入った切り込みどうしが胡瓜を裏返すことで互い違いに重なり合って切れることなく蛇腹のように伸び縮みします。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

「胡瓜の表裏から切り込みを入れた断面」

↓↓↓

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

「切り込みどうしが重なっている部分」

↓↓↓

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

【4】そして、表裏の切り込みを入れた後に真水の中で軽く振り洗いをして、深く切りすぎた部分の切りくずを取り除いてください。

■切り込みが上手く入っている場合は、このときに余分な切りくずは出てきません。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り
切り込みを入れすぎた失敗例

胡瓜の両側から切り込みを入れたときに深く切り過ぎて切り目どうしが重なっていると、皮がボロボロになって切りくずが出てしまい見栄えが悪くなりますので注意してください。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

【5】このあと、食塩水の中に浸けてしんなりとさせてください。

【目安時間】約1時間浸けておくとしんなりします。

そして、胡瓜に昆布の旨味を加える場合は、この中にだし昆布少量を入れてください。

IMG_2566

【6】そして、胡瓜を食べやすい大きさ(1/12程度)に切って器に盛りつけると写真のようになります。

やり直し,きゅうり,胡瓜,蛇腹,じゃばら,飾り切り

■ 写真は梅酢に漬けたしょうがをあしらって、しょうがのしぼり汁を忍ばせた加減酢をかけたものです。

【関連】

酢の物レシピ一覧

酢の物用、あわせ酢の割合一覧

あじの干物で簡単に酢の物を作る方法

レモン釜,あじなんばん漬けIMG_4827

今回の「蛇腹胡瓜」は酢の物によく使う方法で、牛肉を同じように切ると、焼肉用でよく見かける網状の肉になりますので参考にされてはいかがでしょうか。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

簡単な飾り切りを見る

「簡単な飾り切り方法とコツ」の記事一覧です。

胡瓜を雷干しにするときのらせん切り

「刺身の大皿盛りに役立つわさび飾り」

木の葉わさびと筍わさびの作り方手順

「手順がわかると簡単に切れる笹の葉」

笹の葉細工切り、飾り切り方法とコツ

他のきゅうり飾り切り一覧へ

野菜の切り方【きゅうりの飾り切り一覧】今回は本サイトの「飾り切り」からきゅうりの切り方をまとめましたので、和食調理や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

今回は蛇腹胡瓜をご紹介いたしました。

他の飾り切りにつきましては≫「野菜の飾り切り【100選】切り方とコツ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報