立塩(たてじお)の意味とは【和食の料理用語集】

立塩(たてじお)の意味とは

スポンサーリンク

和食の料理用語集

立塩(たてじお)

水1000㏄に対して塩30gを加えた海水程度の食塩水のことです。

(塩分濃度3%)

立塩の用途

魚介や野菜類に塩味をつけるときにひたしたり、海水産の魚、貝、甲殻類などの汚れやぬめりを洗い流す調理作業に使います。

【料理用語の関連】

刺身の手法と造りの名称一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

煮物の用語、語源、意味、由来一覧

焼き物用語、語源、意味、由来一覧

蒸し物用語、語源、意味、由来一覧

揚げ物用語、語源、意味、由来一覧

料理の雑学一覧へ

料理用語集 50音順検索

【参考】

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ285+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

焼き物のつけだれ、かけだれ一覧

酢の物を作るときの合わせ酢一覧

揚げ物用つけ塩割合と作り方一覧

だし、たれ、煮汁の割合50音一覧

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク