春の七草【7つの冬野菜の種類と特徴】では秋の七草とは?

1月7日【春の七草】

春の七草

今回は春の七草の種類や特徴と秋の七草をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の七草の種類と特徴

七草とは?

別名を「七種」ともいい、七草には春と秋にありますが、一般的に春の植物をさしています。

春の七草とは

春の七草は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の7種をいいます。

せり

せり,春の七草

なずな

なずな,春の七草

ごぎょう

ごぎょう,春の七草

はこべら、または「はこべ」

はこべ,春の七草

ほとけのざ

ほとけのざ,春の七草

「かぶの別名」すずな

すずな,蕪,春の七草

「大根の別名」すずしろ

すずしろ,大根,春の七草

秋の七草とは

そして、秋の七草といわれる植物は「はぎ、おばな、くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、ききょう」の7種類で、ススキのことを「おばな」と呼んでいます。

春の七草【種類と特徴】

芹(せり)

せり科の多年草で、田のあぜなどに自生して、摘み草になるものを「のぜり」、水中に育つせりを「みずぜり」、水田で栽培するものを「たぜり」といいます。

たぜりは、寒い時期に出荷されるので冬野菜の役目を果たしています。

また、せりの旬は早春でおいしいのですが「のぜり」はアクが強いので、ゆでてからよく水でさらしてごま和えなどにすると独特の風味を生かすことができます。

薺(なずな)

あぶらな科の2年草で別名を「ぺんぺん草」または「しゃみせん草」といい、果実が三味線のバチに似ていることからこの名があります。

なずなの若芽は浸し物や和え物に向いており、根の部分は煮て食べることもあります。

御形(ごぎょう)

きく科の2年草で、別名「ははこぐさ」といいます。

大きいものは20cmを超え、全体的に白い毛が密生していて葉はやわらかいです。

冬を越した若苗は、風味がよいので早春の七草粥や雑煮に用いられます。

繁縷(はこべら、はこべ)

なでしこ科の2年草で、朝日にあたると花を開くところから「あさしらげ」ともいいます。

山野に自生し、茎は直立せずに地面をはうように生えています。

はこべらは、花がつく前に茎と葉を摘み取り、ゆでて浸し物や和え物また汁の実、天ぷらにします。

仏座(ほとけのざ)

きく科の2年草で、たびらこ「田平子」のことをいいます。

高さは10cm程で、食用にするのは厳冬から早春にかけての若い芽です。

七草粥のほか、浸し物や和え物に用います。

菘(すずな)

蕪(かぶら)の別名です。

【かぶらの煮物関連レシピ】

風呂吹きかぶらレシピ

蘿蔔(すずしろ)

大根の別名です。

以上の7種類が「春の七草」を呼ばれる冬野菜や野草で、この7つの野菜を1月7日におかゆに入れて食べるのは、お正月料理でよく働いた胃腸の調子を整えるためと言われていますので、七草がゆを作る参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

おせち料理や祝い膳の飾り切りを見る

【祝い料理の飾り切り一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から正月料理や祝い膳に使える切り方をまとめましたので、盛りつけ飾りや和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【参考】

おせち料理の語源、意味、由来とは

鏡もちの語源、意味、お正月豆知識

おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

雑煮(ぞうに)の語源、料理用語集

【1月15日の小豆(あずき)がゆ】

1月15日の小正月

小豆の入ったおかゆを食べる理由

【2月3日の節分とは!由来と風習】

豆まきの由来といわしを食べる理由

巻き寿司の詳しい巻き方と、コツ!

【節分料理の盛りつけ】

節分にちなんだ料理の盛りつけ方法

【節分料理】和食の献立~椀物集まとめ

5/5 端午の節句に柏餅を食べる理由

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク