5月5日 端午の節句に柏もちを食べる理由とは【料理の雑学、豆知識】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

端午の節句【柏餅(かしわもち)】

今回は端午の節句に柏もちを食べる理由と由来をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

端午の節句に柏もちを食べる理由とは!

柏もち

もち菓子のひとつで、新粉もちを平らにして丸くまとめた間に小豆あんを挟み、2つに折り曲げて柏の葉で包んだものです。

かしわもち,柏餅,端午の節句

端午の節句に食べる理由

柏もちは5月5日、端午の節句にお供え物として用いられます。

これは、かしわの葉が新芽が育つまで枯れないという理由から、子孫繁栄を願って縁起をかついだものといわれています。

この願いから5月5日の端午の節句に柏もちを食べる風習があります。

【関連】

【意外と簡単に作れる5月の献立かぶといなり寿司】端午の節句

鶏肉を柏(かしわ)と呼ぶ理由

【飲食店で食べなくても家庭で作れる鯛のお寿司】意外と簡単・基本調理と豆知識

春の飾り切り手順一覧へ

菖蒲独活(しょうぶうど)の

詳しい飾り切り方法とコツ【5月の献立】

端午の節句の飾り切り

【かぶと南瓜の詳しい切り方とコツ】

骨なしの開き鱚(きす)で作れる梅肉焼き

さよりの藤造りの切り方手順【刺身の手法と晩春~初夏の料理演出法】

枇杷(びわ)玉子の作り方と

形をととのえるコツ【うずら玉子編】

頭の体操、食材Q&A

食材漢字クイズ問題集一覧

おせちと正月に関連した

【料理の雑学、豆知識一覧】

1月7日に七草がゆを食べる理由

1/15に小豆がゆを食べる理由とは「小豆がゆの由来」小豆がゆは1月15日の「小正月」を祝って食べられる料理で、別名を「15日がゆ」ともいい、元来は農耕神事としての習慣でした。そして、小豆がゆを炊くときに使う粥杖(かゆつえ)と呼ばれる棒で、その年の吉凶を占い、五穀豊穣と子孫繁栄を神に願うという意味が込められています。

節分とは?

鰯を食べる理由と豆まきのいわれ(由来)

食材別レシピの関連記事

【日本の文化】

和食の決まり事

日本人がお茶碗を持って食べる理由

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

今回は柏もちを食べる理由をご紹介いたしました。

野菜の切り方につきましては≫「野菜の飾り切り【100選】切り方手順とコツ」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。