料理用語辞典50音順【ら~】調理雑学、語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【ら~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【ら】~

らうすこんぶ「羅臼昆布」

褐藻類(かっそうるい)コンブ科の海藻「オニコンブ」の略称で、北海道東部の羅臼地方で採取されるのでこの名があります。

【関連】

和食の味を決めるだし、昆布の種類と特徴

らくがん「落雁」

代表的な打ち菓子のひとつで、米、麦、ダイズ、アズキ、アワなどの粉に砂糖や水あめを加えて練り、木型に詰めて形作ったあと、焙炉(ほいろ)で乾燥させたものです。

歴史は古く室町時代にさかのぼり、らくがんの名は唐菓子の軟落甘(なんらくかん)がなまったもので、のちに近江八景のひとつ「堅田の落雁」から「落雁」の字をあてるようになったといわれています。

らっかせいゆ「落花生油」

落花生の種から搾る油で、サラダ油、天ぷら油に用いられるほか、工業用にも利用されています。

【関連】

食用油の種類と特徴

らんぎり「乱切り」

材料を不規則な形に切る方法で、形は異なっても大きさはほぼ一定にします。

■ 細長い材料は切り口の面を回して上にむけ、斜めに切ってください。

【関連】

⇒「和食の基本【30種】

野菜の切り方 25種+むき方5種

らんちゃ「蘭茶」

花茶の一種で、塩漬けしたシュンランの花を茶碗に入れて、熱湯を注いで作ります。

ランチョン

ランチと同じく昼食のことですが、形式的で特に接待などをさしています。

また、ランチョンミートや、ランチョンバスケットのように形容詞的な使い方もされます。

らんぱくのこしおり「卵白のこしおり」

「卵白のこしおり」

詳しい内容につきましては⇒「卵白のコシをおるとは!こしおり卵の手順」に掲載しておりますので参考にしてください。

ランプ

牛肉の部位で腰骨の上のしり肉です。

ロインに近く、やわらかい赤身肉で、ローストやステーキにも用いられています。

質のよいものは美味でやわらかく、日本料理では「すき焼き」の肉などに用いられます。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【り~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報