春の焼き物や和え物に使える【ふきのとう味噌の作り方】

【春の食材】

ふきのとう味噌の作り方

今回は晩冬から市場に出回る蕗の薹(ふきのとう)を使った合わせ味噌をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や焼き物の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春食材の合わせ味噌、ふきのとう味噌の作り方

ふきのとうの下処理工程

【1】最初に、ふきのとうを細かく刻んで灰から取った上澄み液(灰あく汁)または重曹を少量加えた湯を沸かしてください。

灰あく汁の詳しい内容につきましては≫「わらびの簡単なアク抜き方法と【灰あく汁の作り方手順】」に掲載しております。

山菜のアク抜き方法灰あく汁の作り方

【2】次に、ふきのとうをゆでて冷水にとり、半日程度、水にさらしてアク抜きをしてください。

ふきのとう味噌の作り方,蕗の薹をゆでて水にさらす工程

■ 苦味は山菜の持ち味ですので、抜きすぎないほうがふきのとうの風味を楽しめます。

練りみそを作る工程

【3】白味噌、または合わせ味噌に砂糖と卵黄をまぜ合わせ、酒、みりんでかたさを調節してください。

そして、火にかけた味噌をこがさないように鍋底をまぜながら加熱すると「練り味噌」が作れますので、この味噌を一度さましてください。

■ 田楽や酢みそ和えに役立つ

玉みその割合3つと作り方 ≫

■ 白玉みその割合と作り方

【みそがこげない簡単な方法】 ≫

ふきのとうと味噌をまぜる工程

【4】最後に「ふきのとう」と練り味噌を同じくらいの分量でまぜ合わせると完成です。

ふきのとう味噌の作り方,春の焼き物や和え物に使える献立

このあと、焼いた魚や野菜の仕上げに【4】の味噌をのせ、表面を乾かす程度にあぶると「ふきのとう味噌焼き」が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物レシピ関連を見る

焼き物の献立一覧を見る

【関連】

ふきのとうの天ぷら

今回は蕗の薹(ふきのとう)の天ぷらを作るときの簡単なコツをご紹介したいと思いますので、揚げ物の献立作成や春会席の参考にされてはいかがでしょうか。和食の揚げ物レシピ【ふきのとうの天ぷら手順とコツ】下処理工程①最初に、ふきのとうを丸のまま、またはつぼみを1枚ずつ外側に開いてください。
わらびを色よくゆでる方法【山菜のアク抜きと下ごしらえ】今回は、わらびのアク抜き方法と「灰あく汁」の作り方をご紹介したいと思いますので、春の献立や山菜料理の参考にされてはいかがでしょうか。
野菜の詳しい飾り切り方法一覧【263+30種】今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

和え物の献立一覧を見る

春の食材50音順一覧表へ

今回は、ふきのとう味噌をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク