前菜、八寸物の関連一覧

スポンサーリンク

八寸(はっすん)の意味とは【和食の料理用語、豆知識集】

【八寸】はっすんとは、8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆のことをいい、この盆に盛りつけた料理も八寸と呼んでいます。茶懐石料理では一汁三菜から預け鉢や強肴(しいざかな)などの献立が続きます。そして、料理がひと段落したあとに亭主が酒の肴(さかな)として出す動物性と植物性の2~3品を八寸と呼んでおり、人数分を盛り込んで取り箸を添えた「取り回し」の形で出されます。

山芋の味噌漬けの作り方手順

山芋の味噌漬けの作り方手順①最初に、白味噌7に対して赤味噌3を入れ、酒を少しずつ加えながら使いやすいかたさにのばしてください。白味噌:赤味噌 ⇒【7:3】この分量は好みで変化させても大丈夫です。

鮎の風干し【たでの葉干しの作り方】中骨は唐揚げや骨せんべいに使えます

夏の食材【鮎(あゆ)料理】今回は鮎の一夜干しに「たでの葉」をつける焼き物をご紹介したいと思いますので、八寸の献立や前菜の参考にされてはいかがでしょうか①最初に、頭を切り落として大名おろしにした鮎の腹骨を包丁ですき取り、うす塩をあてて30分間おいてください。

胡麻豆腐【ごまどうふの調味料割合】昆布だし、練りごま、くず粉、酒

【胡麻豆腐(ごまどうふ)の割合】今回は、ごま豆腐を作るときの調味料割合をご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。【作り方手順】昆布だしとくず粉を合わせて火にかけたあと、10~15分間練り、塩、うす口醤油、みりんで味をととのえて冷やし固めてください。

スポンサーリンク