3月の献立【ひな祭り】小鯛の笹漬けでひな寿司を作る方法

春の献立「ひな寿司の作り方手順」

今回は3月の八寸(前菜盛り)、お凌ぎ、ご飯物に使える「小鯛のひな寿司」をご紹介したいと思いますので、弥生(やよい)の献立や和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

3月の八寸(前菜盛り)、お凌ぎ、ご飯物

ひな寿司の作り方手順

【1】最初に、小鯛の笹漬け、または酢じめを布巾やキッチンペーパーで軽くはさみ、身をつぶさないよう、水分をふき取ってください。

【2】次に、身の上下(頭側と尾の部分)を水平に切りそろえ、三角形に近い台形にととのえてください。

そして、魚の大きさに合わせて、すし飯を三角形にまとめてください。

【関連】

すし飯の作り方と合わせ酢の割合

「すし飯の基本調理法」今回は、お寿司を作るときの【ご飯(しゃり)】の作り方をご紹介したいと思いますので、節分の巻き寿司や折り詰め弁当などにお役立てください。

【3】このあと、ラップフィルムの上に皮目を下にした状態で小鯛をのせてください。

【4】そして、身の上に手順【2】でまとめた「すし飯」をのせて、ラップフィルムで包んだあと、たて長の三角おにぎりを作るように形をととのえてください。

【5】このあと、尾側のすし飯に「ひな寿司」の頭をのせるくぼみを作り、包丁でラップフィルムの上から着物の重ねを、小鯛の皮目に切り込んでください。

■ 胸もとの着物の重ねは、向かって左側が前にくるよう、アルファベットの「」型に切り込んでください。

【6】そして、ラップフィルムをはずして、ゆでたうずら玉子を尾側にのせてください。

■ この「うずら玉子」がひな寿司の顔になります。

【7】最後に、醤油をきかせて、やわらかく煮た昆布を「たて2㎝、よこ4㎝」の長方形に切り分けてください。

そして、左右が正方形になるよう、折り曲げるための切り込みを中心線に入れて、手順【6】のうずら玉子にのせると「ひな寿司」の完成です。

「ひな祭りの盛りつけ例」

【関連】

≫「寿司の作り方一覧

≫「巻き寿司を作るときのコツ5つ

【巻き寿司のコツ一覧】今回は巻き寿司を作る基本方法や破れつさせないコツなど、失敗しないためのポイントをまとめましたので、寿司の盛り合わせや、ご家庭で巻き寿司を作られるときの参考にされてはいかがでしょうか。

≫「春の料理一覧へ

≫「春の献立一覧

≫「春の食材一覧表

≫「一寸豆の蜜煮の作り方

今回は春の献立でよく使う「一寸豆の蜜煮」をご紹介したいと思います。この一寸豆は鮮やかな黄緑色に仕上がり、色合いを出すのに大変便利ですので春の和食にお役立てください。

≫「一寸豆の塩蒸しの作り方

≫「車海老のうま煮の作り方手順

≫「はまぐりだしを取るときの割合比率

他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので、お役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報