ご飯を意味する舎利(しゃり)の語源、由来とは【和食の料理用語集】

舎利(しゃり)の意味

今回は、ご飯を意味する舎利(しゃり)の語源、由来をご紹介したいと思いますので、料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

舎利(しゃり)とは

米粒、または米飯のことをいい、とくに寿司飯の隠語として飲食店で多く使われます。

語源、由来

舎利は梵語(ぼんご)で人間を火葬したあとに残る白い小さな骨をさし、米の形状が似ていることから、この名がつけられています。

そして、舎利の中でも仏舎利(ぶっしゃり)は「釈迦族の王子のお釈迦様 = 仏陀(ブッダ)」の遺骨、または広い意味での聖者の火葬した骨とされ、尊重して祭られたことから、この名を用いて「米」は貴重なものであるという意味を含めたとも考えられています。

【関連】

銀舎利(ぎんしゃり)とは、精白米の飯(白飯)のことで、戦争中および戦後の食糧難の時代に生まれた言葉です。

料理の雑学、豆知識一覧

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております料理用語をまとめましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の語源、意味、由来【項目別の料理用語集一覧】■各 料理用語に移動いたします。

料理用語集50音順一覧

献立別の料理用語集まとめ

今回は舎利(しゃり)の意味をご紹介いたしました。

他の料理内容につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク