骨なしの開き鱚(きす)で作れる【木の芽みそ焼きの手順】

春の献立【焼き物の作り方】

今回は鱚(きす)を使った木の芽みそ焼きをご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や八寸、前菜の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

きすの木の芽みそ焼きの作り方手順

下処理の工程

【1】最初に、開き鱚(きす)を食塩水でサッと洗って、表面の汚れを取ってください。

そして、酒と水を同量で合わせた液体に塩を加えて、その中にきすを約30分間ひたして塩味をつけてください。

「きすに塩味をつける液体の割合」

1合(180㏄)
1合(180㏄)
小さじ1杯

串打ちの工程

【2】次に、きすの水分をふき取って、尾と頭側が上を向くよう、アルファベットのW型に串を打ってください。

尾と頭側をあげるときのコツ

串を打つときに厚さ3㎝の輪切り大根の皮をむき、端から1㎝幅に切って三日月のような形にしてください。

そして、大根を1/2に切って両側にさし、きすを左右から挟むと、尾と頭が上を向きますので形がととのいます。

「表」

「裏」

■ この状態で焼き台に串を渡すと表側が重いため、串1本では「きす」が回って裏返せませんので、裏面の串が見えている部分に別の串をさし込んで交差させてください。

そうすると、2本の串で「きす」を支えますので、両面が焼けるようになります。

また、2尾以上焼く場合は通した別の竹串で、きすをさした金串を数本まとめると裏返せるようになります。

※ この方法は「あゆ」を焼く場合と同じです。

焼く工程

【3】このあと、尾がこげないように「化粧塩」をつけ、中火ていどの火加減で火を通してください。

※ 尾がこげる場合は「銀ホイル」で包むと黒くならずに焼けます。

最後に、きすに木の芽みそをのせて表面を乾かすていどにあぶると完成です。

【端午の節句の盛りつけ例】

木の芽みそ焼きの下にある「きす」は、同じ方法で梅肉をのせたものです。

【関連】

矢羽根れん根の切り方

【矢羽根れん根の詳しい切り方とコツ】今回は、れん根で矢羽根を切る「基本手順」をご紹介したいと思いますので、料理飾りや甘酢漬けの参考にされてはいかがでしょうか。

自然色をいかした【自家製梅肉の作り方】

【自家製梅肉の作り方】今回は梅干しを酒とみりんで煮て「自然な色に仕上げる梅肉」をご紹介したいと思いますので、酢の物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

春の盛りつけ飾りを見る

春の飾り切りを楽しむ【盛りつけ編】今回は桜や蝶々などを使った春の盛りつけをご紹介したいと思いますので、和食調理や子供さん達と一緒に料理を作るときなどの参考にしてください。

野菜の飾り切り100選を見る

焼きだれ、つけだれ割合一覧へ

今回は、きすの木の芽みそ焼きをご紹介いたしました。

他の焼き物関連につきまして≫「焼き物レシピ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク