花びらゆり根を桜色に色づけする簡単な方法【春の料理演出】

春の料理でよく使う花びらゆり根の色づけ法

今回は、ゆり根を桜の花びら型に飾り切りしたあと、食紅で色づけする簡単な方法をご紹介したいと思いますので、春の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の料理演出「桜」

花びらゆり根の色づけ手順

【1】最初に、ゆり根を花びら型に飾り切りしてください。

■ 花びらゆり根の切り方につきましては≫「春の演出【野菜の飾り切り】花びらゆり根の切り方手順」に掲載しておりますので参考にしてください。

【2】次に、食紅で色づけした水を鍋に入れ、酸味を感じないていどの酢を加えてください。

■ 少量の酢を加える理由は、酢の色止め効果を利用するためです。

【3】このあと、ゆり根を入れて火にかけてください。

【4】そして、ひと煮立ちしたところで火を止めて、そのまま常温まで冷ますと、程よいかたさにゆであがります。

「冷まして色づけしたゆり根」

■ このあと、シロップや吸い物だしで味を含ませると色がうすくなります。

「シロップに1日つけた状態」

色が濃い場合の対処法

色濃く染まりすぎた場合は「ぬるま湯」にひたしておくと、少しずつ抜けていきます。

色が抜ける場合の対処法

色抜けがひどいときや、色がうすい場合はシロップにも少量の食紅を加えてください。

そうすると、色抜けせずに保存できます。

※ この場合、食紅を入れすぎると色がきつくなり、保存容器が赤く染まることがありますので注意してください。

桜関連の記事一覧

【桜(さくら)】今回は春の料理に使える「桜」に関連した内容を集めましたので、盛りつけ演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
記事を見る

【関連記事】

春の料理に使える飾り切り一覧

【春の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から春に使える切り方やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

簡単な飾り切り一覧

野菜で花を切る方法とコツ一覧

野菜の飾り切りとコツ一覧【100選】

今回は花びらゆり根の色づけをご紹介いたしました。

他の春料理につきましては≫「春の料理関連一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報