鯛(たい)の焼き物【かぶと焼きの簡単なコツ2つ】

スポンサーリンク


和食の焼き物調理法【鯛のかぶと焼き】

今回は鯛(たい)の頭を焼いた「かぶと焼き」の簡単なコツを2つご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や春の料理にお役立てください。

和食の焼き物調理とコツ

鯛の頭で作る「かぶと焼き」

焼くときの簡単なコツ2つ「下処理」

1、焼く前に霜降りしてうろこを取る

2、目の部分だけ強めの塩をあてて焼く

①霜降りしてうろこを取りのぞく

魚を調理する場合、焼き物に限らず「うろこ」を十分に取ることは、食事のさいに不快感をおさえるための基本手順になります。

「霜降り手順」

鯛を熱湯に入れて約5秒間、加熱したあと、冷水にとってください。

そして、手をけがしないようバターナイフやスプーンなどを使って、うろこを隅々まで取りのぞくと完了です。

注:鯛の骨は太くてかたいため、素手で作業すると手を切る場合がありますので、必ず道具を使ってください。

また、うろこが取りにくい部分は、もう一度、熱湯に通してください。

■ 霜降りとは魚介類や肉類を、さっと湯に通して汚れ、うろこ、生臭さを取る手法のことで、霜がおりたように白くなるところから、この名があります。

≫「霜降りの詳しい内容と手順

②目の部分だけ強めの塩をあてる

目の部分はゼラチン質や水分が多いため、身と同じ量の塩では生臭さが残ったり、塩気がたりない場合があります。

そして、塩味がうすくて生臭いという理由から、目を嫌う方もおられますので、身の約2倍の塩をあててください。

そうすると、焼いたときに身の部分と同じていどの味加減に仕上がります。

※ 鯛の大きさが2㎏を超える場合は、塩をもう少し強めにあててください。

【関連】

≫「焼き物用つけだれ、かけだれ割合一覧

今回は、かぶと焼きのコツをご紹介いたしました。

他の焼き物調理につきましては≫「焼き物レシピ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報