さしみの手法関連一覧

スポンサーリンク

向付け(むこうづけ)の意味とは【和食の献立 料理用語集】

茶懐石料理の膳で手前に置く飯と汁の両椀に対して、器を向こう側に置くところからつけられた、なますや刺身の名称です。【関連】刺身の詳しい内容につきましては⇒「刺身の語源、由来とは、和食の料理用語集【向付け】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

刺身(さしみ)の語源、由来とは!和食の料理用語集【向付】

刺身(さしみ)とは、魚介類を生食する和食の代表的な料理で「なますの一種」に入り、さしみなますと呼ばれていました。そして、刺身の語源には、切り身にその魚のヒレを刺して盛りつけたという説と、切るという言葉を忌み嫌って「刺す」と言いかえた説の2つがあります。

たこの皮のむき方とコツ【刺身の手法と切り方手順】

【蛸(たこ)の皮むき方法】今回は刺身や酢の物に使用する「活けだこ」の皮むき手順とコツをご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。蛸の下処理工程【1】最初に、目を切り落として内臓を取り出した活け蛸をまな板に広げる、またはすり鉢の中に入れ、米ぬかと塩を合わせたものを十分にふりかけてください。

くじら独特のにおいをやわらげる珍味【みそ漬けの作り方と割合】

くじら肉の臭みをやわらげて【食べやすくする方法】鯨の味噌漬け(くじらのみそづけ)今回は刺身用のくじらを使った味噌漬けをご紹介したいと思いますので、少量を珍味として出したり、細く切って和え物にする、または串を刺して焼くなど、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク