刺身のわさび台に役立つ,きゅうりの飾り切り方法とコツ【笹船】日本料理のむきもの

スポンサーリンク


和食調理や盛りつけにお役立てください。

今回は刺身のわさび台に役立つ飾り切り「笹船きゅうり」の切り方をご紹介したいと思います。

この「笹船きゅうり」を大きめの白瓜や南瓜などで作ると、わさび台の他に猪口としても使えますので、大皿盛りや姿造りなどのあしらいにされてはいかがでしょうか。

■猪口(ちょこ)とは、横から見た形がいのししの口に似ていることからつけられた名称で、お酒を飲むときに使うものと同じ意味です。

刺身のわさび台に役立つ飾り切り「胡瓜のむきもの」笹船の切り方とコツ

IMG_2884

胡瓜の笹船の切り方手順

「笹船胡瓜の切り方」

【1】まず、胡瓜を5~6㎝の長さで縦に半分に切って笹船の原形を作ってください。

IMG_2877

↓↓↓

IMG_2879

【2】次に、角に丸みをつけて笹船の形に近づけます。

IMG_2880

【3】そして、胡瓜の皮目に包丁の刃先でV字に切り込みを入れ、丸みをつけながら笹葉の形になるように切り取ってください。

IMG_2881

↓↓↓

IMG_2882

【4】このあと、笹葉の形に切り取った皮目の中心に切り込みを1本入れて笹に見た立て、2つの胡瓜を合わせて盛りつけると「笹船胡瓜」の完成です。

IMG_2883

↓↓↓

IMG_2884

■緑色を鮮やかにするこつ■

胡瓜の飾り切りをされる場合に塩でもんでから熱湯でサッと色だしをすると、緑色が鮮やかになります。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回ご紹介いたしました「笹船胡瓜」の切り方は、刺身の大皿盛りや姿造りに役立つ飾り切りですので参考にしてください。

また、 胡瓜を使った他の飾り切りにつきましては「胡瓜の飾り切り一覧」に掲載しております。

和食の飾り切り方法~関連

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る  ⇒  手順一覧へ

次回は、違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報