たこの皮のむき方とコツ【刺身の手法と切り方手順】

蛸(たこ)の皮むき方法とコツ

今回は、刺身や酢の物に使用する「活けだこ」の皮むき手順をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

刺身の手法と切り方、蛸(たこ)の皮むき方法

蛸の下処理工程

【1】最初に、目を切り落として内臓を取り出した活け蛸をまな板に広げる、またはすり鉢の中に入れ、米ぬかと塩を合わせたものを十分にふりかけてください。

そして、蛸の表面と吸盤の中の汚れを十分にしごき落としたあと、しっかりと水洗いをして、足先を切り離してください。

たこの足先を切り落とす手順

■ 足先は最初に切り離しても大丈夫です。

皮をむく工程

【2】次に、吸盤の側面から包丁の刃で切り込みを入れ、足の身から吸盤を離してください。

たこの皮のむき方

【3】このあと、吸盤を手で押さえながら刃とまな板で皮を挟んだ状態を保ち、力を入れずに包丁を手前に引き動かして、足の身を向こう側に少しずつ転がすように皮からはがしてください。

たこの皮をむく方法

このとき、包丁に力を入れると皮が切れますので、優しく刃を動かした分だけ、皮からはがすようにしてください。
また、反対に包丁がまな板から浮いていると足の身のほうを削ってしまい、こちらは修正ができませんので気をつけてください。

【4】そして、刃を切り進めながら、足全体の皮をむき取ると完了です。

たこの皮をむいた身と吸盤

このあと、吸盤はゆでて冷水に取り、足の身は用途に応じて切り分けてください。

【切り方の例】

「うす造り」

たこの刺身,うす造りの切り方手順

■湯引きにして梅肉で和えたもの

湯引き蛸の梅肉和え,夏の和え物の献立

「よろいだこ」

皮をむいたたこの足の切り方,よろい蛸の手順

■湯引きの酢の物、盛りつけ例

よろいだこ、たたきおくら

ミニトマト、南瓜、土佐梅肉

湯引き蛸の酢の物,よろいだこの土佐梅肉,たたきおくら,夏の献立

鎧蛸(よろいだこ)とは、甲冑(かっちゅう)の鎧に見立てた蛸の切り方をいいます。

【関連】

細魚の藤造り手順

細魚の木の葉造り手順

刺身に使える飾り切り一覧へ

野菜の詳しい飾り切り方法一覧【268+30種】今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

刺身の語源、由来とは

刺身の手法と造りの名称50音順一覧

刺身の盛りつけ飾り【わさび台一覧】今回は「野菜の飾り切り」から刺身のわさび台を集めましたので、盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

【参考】

夏の献立一覧

夏の料理関連一覧

刺身の手法関連一覧

今回は活けだこの皮むき方法をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク