刺身や酢の物に役立つ,水玉きゅうりの作り方とコツ,日本料理の飾り切り

刺身や酢の物に役立つきゅうりの切り方

今回は水玉きゅうりの切り方手順と見栄えよく広げるときのコツをご紹介したいと思いますのでお役立てください。

この水玉きゅうりは、刺身の飾りや酢の物のあしらいとして使えます。

そして、人参などの野菜でも応用できますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

日本料理の飾り切り、むきもの手法~「水玉胡瓜」の切り方

IMG_2772

水玉胡瓜の切り方手順

「切り方」

【1】まず、胡瓜を包丁でむきやすい大きさに切ってください。

IMG_2758

【2】次に、種の手前まで1㎜程度の厚みで桂むきしてください。

IMG_2760

↓↓↓

IMG_2764

↓↓↓

IMG_2762

【3】そして、この胡瓜を2~3㎜の厚みで切り分けると「水玉胡瓜」の完成です。

IMG_2765

■水玉胡瓜を作る場合の桂むきは、薄くむきすぎないようにするのがこつで、そのほうが見栄えよく仕上がります。

水玉胡瓜を広げて見栄えよく見せる方法

「水玉胡瓜の広げ方」

【1】まず、水玉に切った胡瓜を片方の手で持ってください。

IMG_2767

【2】次に、胡瓜を切り始めた方(皮側)を持ち、芯の方を半回転させ、ねじりながら広げてください。

IMG_2768

↓↓↓

IMG_2769

↓↓↓

IMG_2771

↓↓↓

IMG_2766


「盛りつけるときのこつ」

■胡瓜を広げて盛りつける場合、料理や器などにひっかけると転がらず、安定します。

今回ご紹介しました「水玉胡瓜」は夏場の刺身や酢の物に盛りつけると、涼しさを演出してくれますので参考にしてください。

また、 胡瓜を使った他の飾り切りにつきましては「胡瓜の飾り切り一覧」に掲載しております。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

和食の飾り切り方法~関連

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る  ⇒  手順一覧へ

次回は、違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報