細かくきざんだ青じその色を長持ちさせる簡単な方法

【野菜の下処理手順】

今回は青じその葉を細切りやみじん切りにしたあと、黒く変色するのを防いで「緑色」を長持ちさせる方法をご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食調理「野菜の下処理」

青じその色を長持ちさせる方法

【1】最初に、青じそを切ってから、ガーゼで茶巾のように包んで「袋状」にしてください。

【2】次に、しそが出てこないよう、袋の口を輪ゴムでしばってください。

【3】そして、10分から15分程度、水にさらしてください。

【4】このあと、中の青じそをつぶさないよう、ガーゼの袋を水中で軽くもんでください。

【5】最後に、力を入れすぎないよう、水気をしぼると完了です。

水気をしぼったあと、いかの細造りで和えたり、調理の天盛りなどに使用してください。

調理例【大葉寿司の金紙巻き】

青じそご飯の金紙巻き,夏のお凌ぎ献立

■ 今回の方法は仕込みの段階で、ある程度の量を切っておかないと間に合わないときの方法ですので、包丁を入れてすぐ使う場合は、そのまま調理を続けてください。

※ 水にさらすと香りや栄養分が流れ出ますので、料理作りの状況に応じて使い分けてください。

【関連】

調理場でよく質問を受ける内容一覧

「料理の作り方やコツの記事一覧」今回は調理場でよく質問を受ける作り方やコツを集めましたので、料理作りや献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

鮮魚の食感を長持ちさせる保存方法

「刺身、向付け」今回は魚を三枚におろして骨を取ったあと、冷蔵庫で保存するときに身のしまりを防ぐ調理法(コツ)をご紹介したいと思いますので、鮮魚の下処理にお役立てください。

氷の器を簡単に作る方法と盛りつけ

手順がわかると簡単【涼しげな氷の器】今回は氷器の作り方と刺身を盛りつける手順をご紹介したいと思いますので、夏の料理にお役立てください。また、氷器を風船で作るときのポイントも記事下部に掲載しておりますので参考されてはいかがでしょうか。

今回は青じその変色防止をご紹介いたしました。

他の下処理につきましては≫「食材の下処理方法一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報