かに,海老が黒く変色するのを防ぐ簡単な色止め方法

スポンサーリンク


「かに、海老の変色を防止する簡単な方法」

今回は、かにや海老を切った後に黒くなるのを防ぐ方法をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

かにや海老の変色を防ぐ簡単な方法

かにを切った後の色止め

かに、海老をしめた後に色が黒くなる理由は酸化が原因ですので、酸化防止効果のあるレモンで色止めをしてください。

「酸化防止の効果」

レモンなどの柑橘類に含まれているビタミンC(アスコルビン酸)には酸化防止の役割があり、かにや海老の変色を防ぐ効果もあります。

レモンを使った酸化防止方法

かに、海老を切った後、氷水に入れてレモンスライスを数枚浮かべ、空気にふれないようにするためのキッチンペーパーやラップフィルムを上からかぶせてください。

この方法で保存しておくと変色を防いで仕上がりの見た目が良くなります。

※ レモンを入れ過ぎると料理後の酸味が強くなりますので注意してください。

また、レモンを絞ってしまうのも酸味がきつくなる原因になりますので、果汁を使用する場合は数滴を氷水に落とす程度にしてください。

注意点

今回の黒変防止は、切り置きしておかないと間に合わないときの方法で、水に長時間浸けると味も抜けますから、しめた後はできるだけ早く調理してください。

【参考レシピ】

■⇒「冬の食材一覧表

■⇒「海老の芝煮の作り方

■⇒「季節別~四季の食材一覧表

■⇒「野菜の切り方、飾り切り一覧

調味料割合につきましては⇒「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので、お役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報