甲いかの刺身で桜を作る方法とコツ【春のお造り(向付)】

春の料理演出【刺身の切り方手順】

今回は甲いかを使った「桜造り」をご紹介したいと思いますので、春の献立や刺身調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の刺身「甲いかの切り方」

甲いかは、甲、ひれ(耳)、胴身、足の4つにさばいてください。

【参考】詳しいさばき方につきましては
≫「甲烏賊(こういか)のさばき方手順」に掲載しておりますのでお役立てください。

そして、胴のかたい部分と皮を取りのぞいてください。

【関連】

胴身をととのえる手順と皮むきのコツ

食材の下ごしらえ【甲烏賊(こういか)】今回は甲いかの胴身を寿司や刺身用に切り分けるまでの手順と「皮むきのコツ」をご紹介したいと思いますので、調理の参考にされてはいかがでしょうか。

桜造りの切り方手順

【1】刺身用にととのえた甲いかを約5㎝幅に切り分け、中心線に浅い切り込みを入れてください。

【2】次に、いかを2~3㎜の厚みで帯状に切ってください。

【3】このあと、切り込みが外側にむくよう両端をそろえ、刺身を花びら型にととのえてください。

【4】そして、【3】の花びらを5枚並べて、中心にいくらを盛ると「桜造り」の完成です。

桜型にととのえるときのコツ

刺身を箸でととのえると、身が箸にくっついて細工しにくいですから、竹串の先を水につけてから使ってください。

そうすると、身がくっつかずに桜型にととのえられますので参考にされてはいかがでしょうか。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

花びらゆり根の切り方手順を見る

花びらゆり根の色づけ方法を見る

春の料理でよく使う【花びらゆり根の色づけ方法】今回は、ゆり根を桜の花びら型に飾り切りしたあと、食紅で色づけする簡単な手順をご紹介したいと思いますので、春の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【甲いかの下処理】

甲いかのさばき方手順とコツ一覧

【食材の下処理方法】今回は春に旬をむかえる「甲いか」のさばき方手順や皮むきのコツをまとめましたので、和食の献立や調理の参考にされてはいかがでしょうか。

いかげその下処理方法と注意点2つ

春の料理を演出する【桜】関連の記事へ

【桜(さくら)】今回は春の料理に使える「桜」に関連した内容を集めましたので、盛りつけ演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【春の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から春に使える切り方やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

春の飾り切りを見る

今回は甲いかの桜造りをご紹介いたしました。

他の飾り切りにつきましては≫「飾り切り100選、切り方手順とコツ」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違う切り方でお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報