甲烏賊(こういか)げその下処理方法と注意点2つ

【魚介類の下ごしらえ】

今回は甲いかの足(げそ)を下処理するときに気をつけるポイントを2つご紹介したいと思いますので、焼き物や煮物の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

甲烏賊(こういか)のげそ、下処理時の注意点2つ

①墨袋を先に取りのぞく

②目を取るときは水を用意する

【関連】さばき方につきましては
≫「甲烏賊(こういか)のさばき方手順、魚介類の下処理方法」に掲載しております。

①墨袋を先に取りのぞく

甲いかは別名を「すみいか」といい、すぐに墨を出す種類で、足を身からはずすと身側の内臓に大きな墨袋がついています。

そして、足をはずしたあとに内臓と切り分けますが、墨袋を先に取らないと、やぶれたときに「いか全体」が黒くなって、水洗いしても落ちない場合があります。

ですから、足を掃除するときは、先に墨袋を取ってから調理を続けてください。

そうすると、次の作業がスムーズに進みます。

②目を取るときは水を用意する

墨袋と同じく、つぶれると困るのが目の部分です。

そして、目を墨袋のようにちぎり取ると、膜がやぶれて足に色がつく場合がありますので、この部分は包丁で切り落としてください。

そして、つぶれたときでも、すぐに洗い流せるよう、水を用意しながら作業してください。

そうすると、身が黒くならずにすみます。

また、墨袋を取るときも水を用意しておくと、すぐに洗い流せますので安全です。

この2つを取ったあとは、足と内臓を切りはなして、口の部分を取ってください。

そして、中央に切り込みを1か所入れて開くと、下処理が完了します。

甲いかの刺身で桜を作る方法

春の料理演出【刺身の切り方手順】今回は甲いかを使った「桜造り」をご紹介したいと思いますので、春の献立や刺身調理の参考にされてはいかがでしょうか。
記事を見る

【関連】

甲いかのさばき方、手順とコツ一覧

【食材の下処理方法】今回は春に旬をむかえる「甲いか」のさばき方手順や皮むきのコツをまとめましたので、和食の献立や調理の参考にされてはいかがでしょうか。

胴身の下処理手順と皮むきのコツ

さばく、おろす、開くの違いとは

花びらいかの簡単な切り方手順2つ

今回は、いかげその下処理をご紹介いたしました。

他の下ごしらえにつきましては≫「食材の下処理一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報