煮物や吸い物の香りづけに役立つ【針ゆず】の詳しい切り方手順

スポンサーリンク


煮物、吸い物、蒸し物の香りづけに役立つ

果物、果実の飾り切り【針ゆずの切り方】

今回は煮物や吸い物でよく使う「針ゆず」の切り方をご紹介したいと思いますので、料理の香りづけにお役立てください。

冬料理の香りづけに役立つ「黄ゆず」の切り方

針ゆずの切り方手順

【1】最初に、ゆずの皮をうすくむき取って、裏側の白い部分を切り取ってください。

■ この白い部分は香りがうすくて苦味が強いですから、できるだけ丁寧に取ってください。

【2】そして、皮を端から細く刻むと「針ゆず」の完成です。

■ 長い針ゆずを作る場合は斜めに切ってください。

「針ゆずの使用例」

針ゆずの保存方法

針ゆずを仕込むときは、真水に浸けておくと乾かずに保存できます。

注意点

たくさん仕込んで水に長期間つけておくと、やわらかくなって香りがとびますので注意してください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【他のゆず飾り切り方法】

⇒「松葉ゆずの切り方と折れ松葉の方法

⇒「おせち料理や蒸し物に使えるゆず釜

⇒「いくらの醤油漬け、調味料の割合

⇒【おせち料理と正月の関連】へ

⇒「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

【関連】

■柿釜につきましては≫「【柿釜の作り方手順】切り口を菊型に取り出す方法」に掲載しております。

秋の献立に役立つ果物の切り方「柿(かき)で器を作る方法とコツ」今回は柿を使った器【柿釜】の、切り口を菊型に見せる方法をご紹介したいと思いますので、小鉢料理の盛りつけや水物の演出など、秋の献立にお役立てください。

果物、果実の飾り切り一覧

⇒「冬の飾り切り方法一覧

⇒「煮物に使える野菜の切り方一覧

今回は、針ゆずの切り方をご紹介いたしました。

他の飾り切りにつきましては≫「野菜の飾り切り方法、切り方とコツ100選」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

野菜の詳しい飾り切り方法一覧218種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

【冬の食材】

≫「季節別、冬の食材一覧表

次の切り方を見る⇒飾り切りとコツ一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報