松茸の季節が終わった後の土瓶蒸しを鯛かぶらで作る方法

今回は鯛蕪(たいかぶら)の土瓶蒸しをご紹介したいと思いますので、吸い物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

冬から春にかけての献立

焼き鯛とかぶらの土瓶蒸し

「作り方手順」

【1】最初に、30~35gに切った鯛の身にうすく塩を振り、約30分間おいてから焼いてください。

そして、皮をむいた小かぶらを、昆布だしに塩を少量加えた汁でゆでてください。

焼き鯛とかぶの土瓶蒸しの作り方

【2】次に、吸い物だしを作ってください。

【吸い物だしの割合】

だし 500㏄
大さじ1杯
うす口醤油 小さじ1杯
小さじ1/3杯

【3】このあと、鯛の身とかぶらを土瓶に入れ、吸い物だしをそそいでください。

【4】そして、蒸気のあがった蒸し器で7~8分間あたため、仕上げに三つ葉の軸を入れると完成です。

■ 土瓶の猪口には、松茸のときと同様にすだちを添えると香りが引き立ちます。

焼き鯛とかぶの土瓶蒸しの作り方,吸い物の献立

注:蒸し器の蓋を取るさいは高温の蒸気が一気に出ますので、ヤケドには十分注意してください。

【重要】

美味しく作ることは必要ですが、ヤケドやケガをしないように料理を楽しむほうが大事です!

【関連】

冬の食材50音順一覧表

吸い物の献立一覧を見る

今回は、鯛かぶらの土瓶蒸しをご紹介いたしました。他のレシピにつきましては≫「吸い物、汁物の関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報