高野豆腐のもどし方【乾物の下処理,和食の基本調理法】

スポンサーリンク


高野豆腐の下処理方法【乾物のもどし方】

今回は、高野豆腐のもどし方をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

乾物のもどし方、高野豆腐

【もどし方】

たっぷりの湯につけ、落としぶたをして浮き上がらないようにしながら、十分にふくれるまでやわらかくもどしてください。

このあと、つぶさないように両手ではさみ、新しい水でしぼり直してください。

そして、白く濁った水が出なくなるまで、これを繰り返してください。

この白い水が出てくる状態で調理をすると、高野豆腐の持っている独特のにおいが抜けきらず、美味しく仕上がりませんので、形を壊さないよう何度もしぼってください。

高野豆腐とは

高野豆腐は、豆腐を凍らせて乾燥させたもので「凍り豆腐」といいます。

そして、高野山の僧が作り始めたことから高野豆腐といわれるようになったとされ、地方によっては「しみ豆腐」や「すみ豆腐」などと呼ばれています。

【関連レシピ】

⇒「高野豆腐の含め煮、基本の作り方

今回は、高野豆腐のもどし方をご紹介いたしましたが、他の乾物につきましては「乾物のもどし方11種類」に掲載しておりますので参考にしてください。

【参考】

⇒「巻き寿司の失敗しない巻き方とコツ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報