六方慈姑(ろっぽうくわい)の切り方手順【おせち料理~正月の飾り切り】

スポンサーリンク



おせち料理~正月の飾り切り方法

今回は、くわいを六方むきにする手順をご紹介したいと思いますので、正月や1月(睦月)の献立、おせち料理にお役立てください。

野菜の飾り切り「お正月」

六方くわいのむき方手順

【1】最初に、くわいを水洗いして、芽の反対側のかたい部分を切り落としてください。

【2】次に、六角形の1辺を、くわいの丸みに合わせながら切り落としてください。

↓↓↓

【3】そして、【2】で切り落とした反対側を、同じ要りょうで平行に切り取ってください。

↓↓↓

【4】このあと、平行に切り落とした皮の横側を、同じ幅で切り取ってください。

↓↓↓

そして、【2】~【3】の手順と同じように、反対側にも丸みをつけながら平行に切り落としてください。

【5】最後に、切り落とした部分の角と角を目安にし、左右の皮を平行に切り取っていただくと「六方くわい」の完成です。

↓↓↓

六方むきのポイント

包丁を途中で止めると段差がつきますので、できるだけ1回で切るようにしてください。

そして、正六角形を意識しすぎて整形を繰り返すと、ちいさくなって食べる部分が少なくなりますので気をつけてください。

このあと、水でさらしてから「くちなしの実」を入れた湯で火を通して色付けし、シロップやだし汁で味を含ませてください。

【関連】

⇒「くわいの煮汁、調味料の割合

⇒「くちなしの実で色付けする方法

「盛りつけ例」

⇒「松かさくわいの切り方3種類

今回は「六方くわい」のむき方をご紹介いたしました。

他の飾り切りにつきましては≫「野菜の飾り切り方法、切り方とコツ100選」に掲載しておりますので参考にしてください。

野菜の飾り切り方法【100選 】基本の切り方とコツ!和食のむきもの
野菜の詳しい飾り切り方法189種+30 今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめて一覧にいたしました。 煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出にお役立てく...

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【おせち料理の関連】

⇒「おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

おせち料理の焼き物や献立に【鰤(ぶり)】を使う理由
和食の語源、意味、由来「おせち料理の雑学、豆知識」今回は、おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

⇒「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

⇒「おせち料理がもつ幸福の意味8つ

⇒「おせち料理にごぼうを使う理由

⇒「鏡餅(かがみもち)の語源、意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

⇒「おせちに数の子とにしんを使う理由

おせち料理に【数の子や鰊(にしん)】を使う意味と理由
和食の語源、意味、由来【おせち料理の雑学、豆知識】今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

⇒「大晦日に年越しそばを食べる理由

⇒「12月年越し、そば料理の献立8つ

冬の食材につきましては≫「冬の食材一覧表」に掲載しておりますので、飾り切りにお役立てください。

次の切り方を見る⇒飾り切りとコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク