野菜の飾り切り~羽子板大根の切り方とコツ【日本料理のむきもの】

スポンサーリンク


羽子板の切り方手順とこつ

新春の日本料理に役立つ飾り切り演出

今回の飾り切りは、大根で【羽子板】を作る方法をご紹介したいと思います。

この羽子板は、新春の祝い料理や睦月(1月)の会席料理などで重宝する飾り切りです。

普段の献立に、このような演出が少し入るだけで季節感が増し、日本料理ならではの風情が楽しめますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本料理の野菜飾り切り~人参のむきもの【羽子板】

IMG_0683

大根(蕪)の飾り切り【羽子板】切り方手順とこつ

「作り方」

【1】まず、大根を約2cmの輪切りにしてください。

羽子板,大根,むきもの包丁

【2】

次に、羽子板の原形になる形を切り出してください。

↓↓↓

羽子板

【3】

そして、羽子板の持ち手部分を形作ってください。

羽子板

↓↓↓

【4】

このあと、左右を切り揃えて羽子板の持ち手を作ると完成です。

大根羽子板

羽子板の飾り切りには別の切り方があり、人参で作る羽子板の飾り切りと合わせて2色にすると、祝い料理らしい紅白の演出ができます。

次の羽子板~飾り切り

人参の飾り切り~紅白羽子板の手順

羽子板大根、人参

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

■⇒野菜の飾り切り一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報