和え物用【青ねぎの下処理方法とコツ】基本手順と注意点

食材の下処理方法【青ねぎ】

今回は青ねぎを和え物に使うときの下処理方法をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

食材の下処理方法

和え物用、青ねぎの基本手順

【1】最初に、ねぎの根を切り落としてください。

【2】次に、先のとがった部分を切ってください。

ねぎの先を切る2つの理由

① 塩ゆでしたときに中の空気が膨張してふくらまないようにする抜け道を作るため。

② 冷ましたあとに、ぬめりを取りだすための出口。

この2つです。

熱を加える工程

【3】ねぎの両端を切りそろえたあと、歯ごたえが残るように熱湯で塩ゆでしてください。

そして、ねぎを平らなバットの上に広げて、塩を振りかけてください。

【4】このあと、うちわであおいだり、扇風機の風にあてて、あら熱を素早く取ってください。

※ 注意点

青味野菜は緑色を保つために冷水に取ることが多いですが、和え物に使うねぎの場合は水っぽくなってしまい、和え物調理には適しませんので注意してください。

ぬめりを取る工程

【5】青ねぎをまな板に置いてすりこぎでおさえ、左右に転がしながら中のぬめりを取り出すと下処理完了です。

■ このあと、衣で和えたり、他の食材を巻いてください。

【関連】

【海老(えび)の青ねぎ巻きの作り方】今回は塩ゆでしたえびと青ねぎで作る「えびの青ねぎ巻き」をご紹介したいと思いますので、先付けや酢の物の献立など、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
今回は鴨ロースの切れ端と青ねぎを使った簡単な和え物をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和え物の献立集【鴨と青ねぎのからし和えの作り方手順】

≫酢の物レシピ一覧へ

夏の料理一覧へ

夏の食材一覧表を見る

夏に使える飾り切り手順一覧

【夏の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から夏に使える切り方手順やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

野菜の飾り切り100選へ

野菜の詳しい飾り切り方法一覧233種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

今回は青ねぎの下処理をご紹介いたしました。

他の下処理につきましては≫「食材の下処理方法一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報