甘だいの松笠焼きとは【和食の焼き物、作り方と料理用語集】

スポンサーリンク


「甘だいの松笠焼き」の意味

和食の料理用語集

甘鯛の松笠焼き「あまだいのまつかさやき」

甘鯛を皮つきのまま焼いて表面のうろこを松ぼっくりに見立てた料理のことです。

■ くわいや小芋を松ぼっくりのように飾り包丁した場合は「松笠くわい、松笠芋」といいます。

「松笠焼きの作り方」

甘鯛の皮をつけた状態で3枚におろして塩をあて、酒に約10分間浸してから生干しにしてください。

そして、食べやすい大きさに切り分けて、うろこの部分(皮目側)にのみ熱い油をかけて食べられるかたさにしてから焼き上げてください。

そうすると、皮目のうろこが立って松笠のようになります。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】飾り切り方法につきましては

■⇒「和食の野菜飾り切り一覧検索」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報